赤穂事件
▼人気記事ランキング
3.赤穂事件への見解・議論
3.2.「義士」としての肯定論
赤穂浪士達が切腹した元禄16年には早くも林鳳岡が『復讐論』を著し、「義士」達が主君の讐を討つのは儒教的道義にかなうとして彼らの行動を賛美した[136]。しかし鳳岡は同時に、彼らは法を犯した者達であるから「法律」の観点からは処罰は正当であるとして幕府の裁定を肯定した[136]。ただし鳳岡は、儒教的道義にかなう行為がどうして罰せられなければならないのかという肝心な点には答えていない[136]

また同じく元禄16年には朱子学者室鳩巣が赤穂事件に関する最初の「史書」[137]である『赤穂義人録』を著し、義士を賛美した[137]。本書では泉岳寺引き上げの最中にどこかに消えた寺坂吉右衛門は大石内蔵助の命で浅野大学のもとへ向かったのだとし[137]、寺坂を義士の一人に数え赤穂浪士は寺坂を含めた「四十七士」だとした[137]。これにより「四十七士説」は生まれた[138]。室は周の武王を伐った行為とこれに抗議して餓死した伯夷兄弟の行為が後世ともに称えられた例を引き合いに出して義士への賛美と幕府の処分の正当性は矛盾するものではないとしている他、大石の忠義は称えつつも家老の職務は藩主が過ちを犯さないように補佐するものであると指摘して刃傷事件の原因は大石の家老としての能力不足にもあるという批判もしている[139]。なお本書は「史書」として出されたものであるが、今日の目から見れば赤穂事件に関する虚伝俗説を信用して書かれたものである[140]

[4]前ページ
(3.1.「仇討ち」か否か)
[6]次ページ
(3.3.赤穂浪士への批判・否定論)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/28 16:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/09 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant