赤穂事件
▼人気記事ランキング
2.赤穂事件の経過
2.15.浅野大学閉門と円山(まるやま)会議
しかしまさにそのとき、事態が急転した。

7月18日[10]に浅野大学が閉門のうえ本家の広島藩浅野家に引き取られる事が決定したのである。これはお家再興が事実上あり得ない事を示している。

大石達と堀部達の対立点であったお家再興の道が閉ざされたので、彼らは7月28日[10]に京都の円山にある安養寺の塔頭「重阿弥」で会議を開き(円山会議)、大石は10月に江戸に下り吉良邸に討ち入る事を正式に表明した[10]

あらかじめ会合の予定があったわけではないので、参加者はたまたまその日京都周辺にいた人物である[69]。このとき会議に参加したのは19人[69]。うち17人は後に仇討に参加するメンバーである[69]

なお円山会議は秘密会議であった為、議論の詳細は一切分かっておらず、今日伝わる円山会議の「詳細」と称するものは初期の実録本『赤城義人伝』で創出されたものである[70]。堀部達は江戸に戻ると、隅田川で二艘の船を借り、月見の宴を装いつつ、船の中で同志達に円山会議の報告をしている(船中会議[71]

山科会議の頃までは同志は120名ほどいたが[11]、円山会議で討ち入りが決定すると、脱盟する者が続出する[11]

この際、大石の親戚でありこれまで大石の行動を支えてきた奥野将監、小山源左衛門、進藤源四郎の三人が脱盟している[72]。大石は討ち入りの際、家中の主だった面々が加わっている事を強く期待していたが、位の高い彼ら三人が脱盟したことにより、それはかなわなくなった[72]

[4]前ページ
(2.14.山科会議)
[6]次ページ
(2.16.神文返し)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/14 13:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/16 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位新春かくし芸大会の放送一覧
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant