赤土
▼人気記事ランキング
2.顔料として
赤土は、先史時代より顔料として利用されてきた。また、粘土質のものは、煉瓦素焼き陶器の材料などにも使われる。

播磨国風土記逸文には、神功皇后三韓征伐の際、播磨で採れた赤土(あかに)を天の逆矛(あまのさかほこ)や軍衣などを染めたとあり、また新羅平定後、その神を紀伊の管川(つつかわ)の藤代(ふじしろ)の峯に祭ったとある[1]

[4]前ページ
(1.定義・種類)
[6]次ページ
(3.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/24 22:31
ソ人気記事ランキング
2019/09/18 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位凪沢怜奈
 5位池田大作
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant