青木幹雄
▼人気記事ランキング
3.エピソード
3.2.政治家として
自ら政策にまつわる理念を強く主張することはめったにない。基本的には旧来の利益誘導型政治家の代表格[11]である。
竹下の側近としての政治活動から、参議院自民党に強い影響力を持っていることから「参院のドン」とも呼ばれ、参議院は「ミキオハウス」とも呼ばれた。そのため、小泉から「参議院のことは全て青木さんに任せている」という暗黙の空気を作ることで参議院枠を確保。閣僚人事構想で派閥の肘鉄を受けずにフリーハンドの人事権を持つように見られた小泉であったが、参議院枠「閣僚17人中2人・副大臣22人中4人・政務官26人中8人」に縛られながら当たることになった。そのためトップダウン方針と思われた小泉に直言できる数少ない有力者であった。小泉内閣の公共事業削減で、地元の島根県で大幅な削減計画を発見すると、関係官僚を呼び出し一喝して撤回させた。このことはニュースで注目を集めるも、小泉は一切触れなかった。青木の影響力の大きさが垣間見えたできごとであった。そのためか、竹下没後の島根は青木王国とも称されるようになった[12]
政治家生活の末期は民主党に参議院の実権を握られて力が弱体化したが、民主党参議院議員のドンである輿石東とパイプを構築し、双方の政権で与野党交互の立場で上院運営のかじ取りを行った。双方は戦友として私的にも仲良しになった。
小泉政権下、所属派閥の橋本派(旧竹下派)は弱体化したが、青木は最終的には必ず小泉を支持した。特に派閥が衆参で分裂状態となった2003年総裁選において、参院自民党を小泉支持でまとめたことで、小泉の長期政権を生んだ影の主役となった。人事で辣腕をふるったとされる小泉だが、参議院についてはすべて青木に一任していたためといわれる。
[4]前ページ
(3.1.人柄)
[6]次ページ
(3.3.青木の法則)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/16 10:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/22 更新
 1位日本
 2位山口組
 3位徳勝仁
 4位矢島健一
 5位10月21日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant