サービス終了のお知らせ
青春18きっぷ
▼人気記事ランキング
2.利用規定
2.5.使用できない路線
新幹線は全列車が特急列車扱いであり、特例もないため利用できない。
ただし、本州と北海道を結ぶ海峡線では2016年3月26日に北海道新幹線が開業したことにより、在来線一般旅客列車(団体専用列車を除く特急と急行)が全廃されたため、北海道新幹線においては、有効な「青春18きっぷ」を携行している場合に限り「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」(2,490円)を追加購入することで、奥津軽いまべつ駅 - 木古内駅の間で片道1回のみ普通車の空席を利用できる(北海道新幹線#乗車券の特例制度[注 4][注 5]なお、「北海道&東日本パスの新幹線特例制度」とは内容が大きく異なる。
新幹線車両・設備を用いつつも在来線扱いとなっている博多南線および上越線の支線越後湯沢 - ガーラ湯沢間は、すべて特急列車のみの運行となっているものの特例区間にはなっておらず、青春18きっぷは利用することができない。
発売開始以来、JR線以外の会社線(私鉄・公営鉄道・第三セクター等の路線)では原則として使用することができず、JR線と会社線とを直通運転する列車を利用する場合、会社線内の乗車区間についてはその区間に有効な乗車券類が別に必要となる。整備新幹線の開業により第三セクターへ転換された路線であっても原則使用できないが、特定の区間で通過乗車もしくはJRとの接続駅同士の乗車に限り、青春18きっぷを利用可能とする特例が設けられている(後述)。なお、智頭急行三陸鉄道および肥薩おれんじ鉄道では、有効な青春18きっぷを提示することを条件として発売する企画乗車券が設定されている(後述)。
名古屋方面と鳥羽方面との間を快速「みえ」を利用して乗り通す場合、途中河原田 - 津間は伊勢鉄道伊勢線を経由するため、河原田-津間の運賃が別途必要となる。
予土線土讃線とを乗り通す場合、途中若井 - 窪川間は土佐くろしお鉄道中村線であるため、若井-窪川間の運賃が別途必要となる。
東北本線または山田線花輪線とを乗り通す場合、盛岡-好摩間の運賃が別途必要となる。
中央本線から地下鉄線直通電車に乗車して西船橋駅総武本線または武蔵野線に乗り継ぐ場合、中野-西船橋間の運賃が別途必要となる。
JRの関連会社が運営する各線(JR東日本関連の東京モノレールJR東海関連の東海交通事業JR西日本関連の嵯峨野観光鉄道JR九州関連のJR九州高速船)および、JRバス各線も利用できない。
かつての国鉄バス、およびJR直営時代のJRバス(両者とも「自動車線」と呼称され、青春18きっぷの券面に除外路線として表記されていた)も利用できなかった。しかし、JR東日本直営の自動車線である気仙沼線・大船渡線BRTは上述の通り例外として利用可能である。
また、JR西日本宮島フェリーは2009年以降JR西日本と別会社となっているが、上述の通り例外として利用可能である。
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/28 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant