サービス終了のお知らせ
青春とはなんだ
▼人気記事ランキング
概要
青春とはなんだ(せいしゅん ‐ )は、1965年から1966年にかけて東宝制作、テアトル・プロ共同制作で日本テレビ系で放送された夏木陽介藤山陽子主演の学園ドラマ。東宝青春学園ドラマの先駆け的作品である。

解説[編集]

アメリカ帰りの野々村健介は、田舎町・森山町の森山高校の英語教師に就任し、ラグビーを通じて生徒たちと心の交流、人間教育を展開していく。また同時に町に蔓延する黒い影と戦っていくのだった。

原作は、石原慎太郎の同名小説で、当初は2クール26話の予定で放送されていたが、好評で1年間の放送になった。よって原作から離れたオリジナル・ストーリーになったため第27話からそれまでの「原作・石原慎太郎」から「原案・石原慎太郎」というクレジット表記に変更された。

2クール終了での最終回予定の第25話「どろんこ作戦」は2人の監督がクレジットされているが、実質は松森健、児玉進に高瀬昌弘を加えた3人体制で演出していた。出演していた俳優の加東大介が「さすが東宝、3人で監督とは」と唸ったという[1]

本作が始まる3ヶ月前に日活によって映画化(1965年7月14日公開)。野々村健介役は石原裕次郎だった。その後、番組の終了直後に本作と同じ東宝によっても、劇場版が『これが青春だ!』(1966年)のタイトルで製作、公開された。これは『でっかい太陽』、『燃えろ!太陽』(1967年)とシリーズ化された。

本作は大正製薬一社提供だが、本作をもってこの枠の大正製薬一社提供番組は終結した。しかし大正製薬は以後も、現在放送中の『世界の果てまでイッテQ!』に至るまでこの枠の提供を続けている。

当時日本テレビアナウンサーだった徳光和夫が最終回にラグビー中継のアナウンサー役で出演している(徳光は当時『日本プロレス中継』の実況を担当していた)。

放送開始して半世紀弱後の2015年8月16日にはBS-TBSで、野々村健介役の夏木陽介、松井勝子役の岡田可愛、小沢祐子役の水沢有美が再会する特別番組『感動再会!同窓会の旅 "青春とはなんだ"編』を放送した[2]

放送データ[編集]

放送期間:1965年10月24日1966年11月13日
放送時間:毎週日曜日 20:00〜20:56(ただしナイターシーズン中、プロ野球中継[3]が編成された際は休止)
放送回数:41回
放送形態:モノクロフィルム作品

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌「若い明日」 歌:布施明(作詞:岩谷時子 作曲・編曲:いずみたくキングレコードBS-324)
挿入歌「貴様と俺」 歌:布施明(作詞:岩谷時子 作曲・編曲:いずみたく)[4]

主な出演者[編集]

【森山高校教師・職員】

野々村健介(英語):夏木陽介
永井明子(英語):藤山陽子
山角先生(生物):加東大介
中川先生(国漢):藤木悠
大原先生:浦山珠実
鈴木先生(英語):村上冬樹
校長:十朱久雄
勝又教頭:山茶花究
用務員:広瀬正一
【森山高校生徒・OB】

橘公夫:寺田農
寺田勇作:矢野間啓治
久保良吉:木村豊幸
手塚勝:柴田昌宏
高松保夫:杉本哲章
土井キャプテン:樋浦勉
林秀一キャプテン:関戸純方
友田政弘:阿知波信介
大崎(ラグビー部):木下陽夫
杉山(ラグビー部):松浦忠
金子(ラグビー部):石黒高志
松井勝子:岡田可愛
川村吾郎:仲村紘一
山下順子:豊浦美子
樋口育子:土田早苗
小沢祐子:水沢有美
君江:北島マヤ(第12話まで北島まや表記)
光子:松田八十栄
幸子:遠山智英子
有田めぐみ
【町の人々】

植田源蔵:宮口精二
植田源蔵の妻:賀原夏子
植田清造:土屋嘉男
山角先生の妻:七尾伶子
山下町子:久保菜穂子
金高二郎:平田昭彦
金高組組員兄貴分:桐野洋雄
金高組組員弟分:中山豊
駅長:藤原釜足
警官(三瓶):二瓶正也
久保の父・重太郎:名古屋章
久保の母・ふみ:菅井きん
寺田の父・清作:三遊亭小金馬
勝子の父:佐野周二
勝子の母:葦原邦子
勝子の兄:児玉清
勝子の弟:石坂博
勝子の妹:兼平みどり
高松の父:増田順司
君蝶(芸者):北あけみ
三休和尚:三井弘次
橘の母:鈴木光枝
樋口育子の母:東郷晴子

スタッフ[編集]

原作・原案:石原慎太郎
監修:千葉泰樹
プロデューサー:岡田晋吉(日本テレビ)、中根敏雄、大木亀雄
音楽:いずみたく
脚本:井手俊郎須崎勝弥、浅川清道、田波靖男倉本聰、田中美樹
監督:松森健児玉進高瀬昌弘

サブタイトル[編集]

ロケ地[編集]

山梨県・勝沼
山梨市
山梨県立日川高校
東京都立神代高等学校
東京都立三鷹高等学校
登戸・宿河原堰堤

メディア[編集]

青春とはなんだミュージックファイル(1993年7月1日、vap発売 VPCD-81011)
人気テレビドラマ作品であるが、これまでに全話を収録したビデオ、DVD、ブルーレィ等のソフト化はされていない。これは他の青春学園シリーズも同様である。

書籍・新聞・雑誌[編集]

石原慎太郎著「青春とはなんだ」(1963年9月3日〜1964年7月まで『新潟日報』他の地方紙に303回連載。挿絵:長谷川春子)
石原慎太郎著『青春とはなんだ』(1965年2月16日、講談社
石原慎太郎著『青春とはなんだ』(1967年、講談社ロマン・ブックス)
石原慎太郎著『青春とはなんだ』(1968年3月30日、講談社文庫)
石原慎太郎著「青春とはなんだ」(『現代長編文学全集44 石原慎太郎』収録。1968年9月6日、講談社)
テレビ小説「青春とはなんだ」(『週刊マーガレット』1966年13号〜1966年45号掲載、集英社
青春文庫『青春とはなんだ―付 海外青春小説』(『高二時代』1966年9月号付録、旺文社

参考文献[編集]

林真理子著『チャンネルの5番』(講談社、1991年2月)‐ ロケ高校について
岡田可愛著『失敗なんて怖くない』(KSS出版、1998年10月) 
宇留野仁一著『「青春とはなんだ」大全』(朝日出版社、2003年4月25日)自家版
岡田晋吉著『青春ドラマ夢伝説 ― あるプロデューサーのテレビ青春日記』(日本テレビ放送網、2003年9月) 
高瀬昌弘著『昭和千本のドラマたち』(廣済堂出版、2007年11月15日)

関連項目[編集]

これが青春だ(青春学園シリーズ第2弾)
でっかい青春(青春学園シリーズ第3弾)
進め!青春(青春学園シリーズ第4弾)
炎の青春(青春学園シリーズ第5弾)
飛び出せ!青春(青春学園シリーズ第6弾)
われら青春!(青春学園シリーズ第7弾)

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/01 13:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant