青山学院大学
▼人気記事ランキング
10.キャンパス
10.2.過去に存在したキャンパス
文系学部(1部および昼間主コース)の1-2年次及び理工学部の1年次が使用していた。小田急線本厚木駅から神奈川中央交通バスで25分。愛甲石田駅からバスで15分。通称「厚(あつ)キャン」。青山キャンパスが手狭となったことから郊外移転の話があり、当時研究学園都市を造成していた厚木市の誘致により開設された。敷地には講義棟をはじめグラウンドやゴルフ練習施設、宿泊研修用の施設を備えていた。キャンパス内に駐車場があり、一般学生にも自家用車通学が許可されていた。21世紀到来後、私立大学の都心回帰の動きにより、同大もアクセスの良い土地への再移転が検討され、新日本製鐵國學院大學から土地を取得し、2003年相模原キャンパスを設置(厚木キャンパスは閉鎖)。キャンパス閉鎖後は跡地は日産自動車へ売却、研究施設となっている。なお、厚木セミナーハウス(宿泊研修用施設)については、当初所有を継続する予定だったが、日産側からの要請で手放すこととなった。また、移転後に付けられた地名である森の里青山は現在でも使われている。 理工学部の2-4年次が使用し、理工学研究科が設置されていた。アクセスは京王線千歳烏山駅から徒歩15分、又は小田急小田原線祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩20分。理工学部の2-4年次(厚木キャンパスができるまでは全年次)および大学院生が使用したキャンパスで、通称「せたキャン」。理工学部を設置した際に開設され、開設当初は「廻沢キャンパス」という名称であった。施設が手狭になってきて、さらに老朽化していたことや、1年次生のみが厚木に通わなければならない不便があったため、厚木キャンパスとともに機能を相模原キャンパスに統合、2002年度を最後に廃止された。また、このキャンパスの隣には女子寮(スクーンメーカー寮)があった。跡地は大規模なマンション(一部商業施設あり)となっている。 体育会が使用していた。馬場が存在したため、近隣住民からの苦情が存在した。なお、相模原キャンパスにおいても、地域住民の反発があり馬場を造成することができなかったため、新たに町田グラウンドが購入された。跡地は大規模マンションとなっている。
[4]前ページ
(8.2.年間行事 (2017年度))
[6]次ページ
(8.5.学園祭)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/10 12:31
ソ人気記事ランキング
2019/11/20 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位小川博
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant