サービス終了のお知らせ
青の時代 (小説)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
青の時代』(あおのじだい)は、三島由紀夫の5作目の長編小説光クラブ事件を題材とした作品である。地方の名家に生れ厳格な父親に反感を抱きながら、合理主義に偏執して成長した秀才青年が、大金詐欺被害に遭ったことをきっかけに、自ら高金利闇金融会社を設立する物語。順調に行くかと見えたカラクリが崩壊し、挫折していく孤独青春虚無の破滅譚が、シニカルかつレトリカルで切れ味のいいアフォリズムに溢れた文体で描かれている[1][2][3]
1950年(昭和25年)、文芸雑誌『新潮』7月号から12月号に連載された[4][5]。単行本は同年12月25日に新潮社より刊行された[6]。文庫版は1971年(昭和46年)7月23日に新潮文庫で刊行された[6]。翻訳版はスペイン(西訳:Los a?os verdes)、中国(中題:藍色時代)で行われている[7]
目次
1.題材・モデル
2.執筆背景
3.主題
4.あらすじ
5.登場人物
6.作品評価・研究
7.おもな刊行本
└7.1.全集収録
8.脚注
9.参考文献
10.関連項目
出典:Wikipedia
2019/10/26 19:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant