サービス終了のお知らせ
西洋
▼人気記事ランキング
2.中国における西洋
17世紀の中国には東洋列国、西洋列国という表現が存在した[1]。しかし、単に東洋と西洋という場合は海域を東西に分けた呼称にすぎない[1]

坪井九馬三や高桑駒吉の研究によると、東洋や西洋の表現はもともと中国人の考えた四海の一つである南海の航路およびその航路上に存在する諸国を、泉州あるいは広州を通過する南北子午線によって分けたものである[1]

14世紀半ばの中国の文献にはブルネイ以東を東洋、インドシナ半島からインドへかけてを西洋と記述していた[4]。張燮は1616年の『東西洋考』で「文莱即婆羅國、東洋盡處、西洋所自起也」と記し、婆羅國つまりブルネイ(文莱)で東洋は終わり、そこから西洋が始まるとする[1]

1602年のイタリア人のイエズス会士マテオ・リッチの世界地図『坤輿万国全図』は世界の地理名称をすべて漢語に翻訳したものであるが、この地図ではインドの西海岸に小西洋という記述があり、ポルトガルの西海上に大西洋という記述がある[1]

なお、現代中国では東洋は東アジアを意味する場合もあるが主に日本を指す[5]

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.1.江戸時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/18 11:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant