西洋剣術
霊視|ほくろ除去|運命の赤い糸
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
西洋剣術(せいようけんじゅつ)は、西洋で発達した剣技のこと。剣で相手を殺傷するための技術。特に西洋では両刃の剣が主であり、片刃である日本の刀とは扱いが異なる。
騎士の時代、日本と同じように剣術は武術の中の一つであり、短剣術、長柄の武器術、組打ち術と同格に扱われそれらは明確な区別は無かった。剣を使いつつ組討をしたり、接近すると長柄の武器を捨てて短剣に切り替えることは、戦場においては必要だった。
日本と異なるのはクロスボウが騎士の技術としてはなかった。それらは兵士身分の技術であり、騎士は白兵戦を好んだからである。
ルネサンスに代表されるレイピアは軍事用ではなく護身用であった。レイピアは暗殺の多い都市から使用された。レイピアは決闘に使われたとよく言われるが、レイピアは決闘専用ではない。武器として一番身近にあったこの剣が結果として決闘に多く使用されただけである。この時代、レイピアと両手剣は同時に存在したし、三銃士たちも戦場ではブロードソードやサーベルを使った。
相性診断|運命の人|転職
にきび跡|看護助手|六星占術
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
目次
1.概要
2.歴史
3.剣の種類と構造
├3.1.種類
├3.2.構造
└3.3.切れ味
4.剣の持ち方
5.バックラーとブロードソード
6.ブロードソード&シールド
├6.1.足さばき
├6.2.ソード
└6.3.
7.ロングソード(甲冑)
8.ロングソード(平服)
├8.1.体と足さばき
├8.2.構えと攻撃
├8.3.カウンター
├8.4.ソードレスリング
└8.5.ドイツ剣術以外の構えと攻撃
9.レイピア Rapier
├9.1.構造
├9.2.
├9.3.構え
├9.4.間合い
├9.5.防御
├9.6.攻撃
├9.7.ヴォルテ
├9.8.喧嘩的なテクニック
└9.9.左手
10.東欧系サーベル
11.その他
├11.1.抜剣と納剣
└11.2.馬上での斬り合い
12.参考文献
13.関連項目
14.外部リンク
出典:Wikipedia
2017/02/25 17:30
セルライト|フレッツ光|おひつじ座
心理テスト|星座占い|無料ゲーム
この記事を共有する
「西洋剣術」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/06/27 更新
 1位小林麻央
 2位市川海老蔵 (11代目)
 3位七條慶紀
 4位小林麻耶
 5位豊田真由子
もっと見る>>
いま読まれている記事
救命病棟24時|森見登美彦|明治天皇紀|第14回NHK紅白歌合戦|西洋剣術
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant