サービス終了のお知らせ
西蔵
▼人気記事ランキング
9.中国歴代政権による地方行政単位としての「西蔵」
中国では清朝の康煕期まで、チベットの総称としては吐蕃、土伯特、唐古特等の用語が使用されていた。雍正のチベット分割 (1723-25) の際、ガンデンポタンの管轄下におかれた領域が「西蔵」の領域で、「青海」とともに藩部と位置づけられた。のこる各地は隣接する甘粛四川雲南等の諸省に分属させ、「内地」に帰属するものとされた。

清代の西蔵:理藩院管轄下の藩部。

1725年 グシ・ハン一族の旧属領のうちカム地方をガンデンポタン領と四川、雲南との間で三分割。
1732年 グシ・ハン一族の旧属民の七十九族をタンラ山脈を境に南北に2分、北部の玉樹四十族は青海に、南部のホル三十九族はガンデンポタン(1751年以降は駐蔵大臣)に帰属。地域単位としての西蔵の成立。
19世紀 グンポナムギャルの「乱」を契機に、ガンデンポタン領がディチュ河東岸にも拡大。
1905年-1911年 趙爾豊、西蔵よりカム地方の西部を削り、雍正のチベット分割の際に四川省に組み込まれていたカム地方東部とあわせて西康省を、またガンデンポタンによる統治を廃止して西蔵省の設置を目指す。 中華民国の西蔵:(詳細は西蔵地方を参照)

中華人民共和国の西蔵:(詳細はチベット(西蔵)自治区参照)

1951年 「西蔵和平解放」。この際締結された十七ヶ条協定ではガンデンポタンを「西蔵地方政府」と規定。
1955年 西康省蔵族自治区廃止。中華人民共和国によるチベットの分割と再編、省レベルではほぼ完成。
1959年、チベット動乱国務院「西蔵地方政府の廃止」を布告。ガンデンポタン、インドへ脱出、チベット臨時政府の発足。
1966年、西蔵自治区発足。
[4]前ページ
(8.中国以外の漢字圏諸国における用例)
[6]次ページ
(10.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/24 16:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant