サービス終了のお知らせ
西蔵
▼人気記事ランキング
7.反体制組織・団体、作家・活動家などによる用例
中国の国内・国外で活動する、中国の現体制に反対する組織・団体や活動家・作家が中国語で発信する文章の中には、「西蔵」を、自治区の部分にとどまらないチベットの総称として用いる用法が見られる。

惟色『看不見的西蔵』 北京市在住の作家ツェリン・オーセルのブログ[2]
『第十四世達頼喇嘛官方国際華文網站』 ダライラマ法王庁公式サイト中国語版
[4]前ページ
(6.中国国内における現行の用例)
[6]次ページ
(8.中国以外の漢字圏諸国における用例)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/24 16:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant