サービス終了のお知らせ
西岡たかし
▼人気記事ランキング
概要
西岡 たかし(にしおか たかし、本名: 西岡 隆、1944年5月27日 - )は、日本のフォークシンガー

ギターの他に、コードハープも演奏する。

来歴[編集]

大阪府出身。1967年にフォークグループ五つの赤い風船を結成しリーダーを務める。グループ活動と並行して、ソロ活動や多数のセッションにも参加、独特の前衛的サウンドで当時のフォーク界と一線を画す。1972年にグループは解散。その後はソロ活動の他、作曲やプロデュース活動も始める。近年、グループとしての活動も再開した。

五つの赤い風船には、中川イサト藤原秀子有山淳司長野隆東祥高金森幸介永井洋青木まり子、竹田裕美子らが歴代のメンバーとして在籍している。2012年7月には7年ぶりのソロアルバム「おくのほそ道 抜粋」を発表。また、なぎら健壱が「五つの赤い風船とフォークの時代」を発刊。

ライブでは軽妙な語り口のMCを行う事で知られ、曲間の?ぎに留まらず演奏中であっても延々としゃべり続けるというスタイルをとる。

ディスコグラフィー[編集]

五つの赤い風船時代の楽曲は、「五つの赤い風船」参照。

シングル[編集]

そんなに愛が欲しいのなら/気ままな暮らし(1971年9月)
ボクらの町をうたおう/ボクは風(1972年3月)
上野市(うえのまち)/花と空に(1975年8月 ビクター音産)
君がやって来る/夏(1976年5月)
バラのお嬢さん/君は今が美しい(1976年10月)
ボクたち大阪の子どもやでェ 1976年11月
君のひとみの歌/一枚のレコード(1977年6月)
仔犬のシロ/それからね(1977年 プロモーション盤)
青春の足跡/君のスターライトシップ(1978年9月)
愛情リンゴ/倖せの魔法(1979年6月)
田舎町のうまい酒/あした(1979年12月)
美津子/上野市(1982年9月)

アルバム[編集]

「満員の木」(1973年2月 URC)
「哀しい歌」(1975年1月 ビクター音産)
「スープ」(1975年8月 ビクター音産)
「コレクション」(1975年11月 ビクター音産)
「ライブ夢商人」(1976年1月 ビクター音産)
「風博士」(1976年5月 ビクター音産)
「私の耳はロバの耳」(1977年2月 ビクター音産)
「子供たちに贈る愛の詩」(1977年11月 ビクター音産)
「モス」(1978年3月 ビクター音産)
「十年目−大阪ライブ」(1979年3月 ビクター音産)
「田舎町のうまい酒」(1979年9月 ビクター音産)
「らいふ」(1981年1月 ビクター音産)
「風の色になれ 西岡たかしベストコレクション」
「西岡たかし'92」(1992年 「YAH! DIALOGUE 2239」という書籍に付属)
「50+OMAKE」(1994年5月 ビクター音産)
「瞳の青年 西岡たかし with piano」(2002年10月25日 ダイキサウンド)
「storage 〜ボクの見た時代〜」(2005年10月26日 テイチクエンタテインメント)
「おくのほそ道 抜粋」(2012年7月25日 disk union)

セッション[編集]

西岡たかしとたくさんの風船達(1973年6月 ビクター音産)日本フィルハーモニーと共演
溶け出したガラス箱(1970年11月、URCレコード)- 木田高介西岡たかし斉藤哲夫の「吐痙唾舐汰伽藍沙箱」名義のスタジオプロジェクト
友だちはじめ(1973年12月 ELEC)泉谷しげる中川イサト

プロデュース[編集]

「恋人もいないのに」シモンズ
『ゆうすげびとのうた』武部行正

著書[編集]

「満員の木―遠ざかる明日へ・わが戦慄の叫び」
「YAH!―DIALOGUE 2239」CD-BOOK

公式ホームページ[編集]

五つの赤い風船ホームページ http://www.goodstock-tokyo.com

出典:Wikipedia
2020/03/01 04:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant