サービス終了のお知らせ
聖座とアメリカ合衆国の関係
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
聖座とアメリカ合衆国の関係(せいざとアメリカがっしゅうこくのかんけい、英:Holy See-United States relations)では、 バチカン市国にある聖座(いわゆるローマ教皇庁)とアメリカ合衆国との二国間関係について説明する。
米国公務の筆頭は、特命全権大使のカリスタ・ギングリッチ(Callista Gingrich、政治家ニュート・ギングリッチ夫人)である。聖座は、2016年4月12日に就任したクリストフ・ピエール(Christophe Pierre)大司教が教皇大使として代表を務める。在バチカン米国大使館は、ローマのVilla Domizianaにある。在米国ローマ教皇大使館はワシントンD.C.の3339 Massachusetts Avenue,N.Wにある。
目次
1.歴史
├1.1.1797-1867年
├1.2.1867-1984年
└1.3.1984年-現在
2.関連項目
3.脚注
4.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/04/16 15:02
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant