聖域なき構造改革
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
聖域なき構造改革(せいいきなきこうぞうかいかく)とは、日本小泉内閣2001年 - 2006年)が掲げた経済政策スローガン。「小泉構造改革」とも呼称された。また、当事者たちは「新世紀維新」とも称していた[1][2]
発想そのものは新自由主義経済派の小さな政府論より発したものである。郵政事業の民営化道路関係四公団の民営化等、政府による公共サービスを民営化などにより削減し、市場にできることは市場にゆだねること、いわゆる「官から民へ」、また、国と地方の三位一体の改革、いわゆる「中央から地方へ」を改革の柱としている。
目次
1.概説
├1.1.「聖域」とは
└1.2.「構造改革」とは
2.「改革」の柱
3.経緯
4.成果
├4.1.非公務員化と民営化
├4.2.特別会計改革と政策金融機関再編
├4.3.地方への税源移譲
├4.4.規制緩和
└4.5.医療制度改革
5.「改革」による影響
└5.1.雇用
6.学者の見解
├6.1.定義
├6.2.郵政民営化
├6.3.不良債権処理
├6.4.格差の拡大
├6.5.潜在成長率
├6.6.景気への影響
└6.7.レントシーキング
7.脚注
8.参考文献
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/06/17 19:30
ソ人気記事ランキング
2019/06/27 更新
 1位日本
 2位正木裕美
 3位竹達彩奈
 4位彩希エリナ
 5位6月26日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant