精霊流し
▼人気記事ランキング
5.各自治体による規定
道路上での船の作成や、全長2メートル以上の船を流す場合は、所轄の警察署長の道路使用許可が必要。
船の大きさは最大で全長10メートル(10メートル以上の場合は10メートル以下の船を連結する)、胴体7メートル、幅2.5メートル、高さ3.5メートル(持ち上げたり担いだりしたときの高さ)。
矢火矢(やびや、ロケット花火)、連発花火などの使用禁止。悪質な場合は法律に基づき処罰される。
花火を人や車両に向けて使ってはいけない。
流し場で取り扱える精霊船の大きさは各所で異なり、大きいものは長崎市であれば大波止など、一部の場所でしか扱えない。
(長崎市)花火取扱者以外の花火取り扱いは禁止[6]
(長崎市)責任者は青、花火取扱者は赤のたすきが必要。このたすきは事前の届け出を行う際に、所轄警察署の署長から交付される[6]
[4]前ページ
(4.見物ポイント)
[6]次ページ
(6.精霊流しに伴う影響)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/25 19:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant