サービス終了のお知らせ
精神保健及び精神障害者福祉に関する法律
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(せいしんほけんおよびせいしんしょうがいしゃふくしにかんするほうりつ、昭和25年5月1日法律第123号)は、精神保健精神障害者福祉について規定した日本法律である。精神保健福祉法と略される。
目的は、精神障害者の医療・保護、その社会復帰の促進・自立と社会経済活動への参加の促進のための必要な援助、その発生の予防その他国民の精神的健康の保持及び増進により、精神障害者の福祉の増進・国民の精神保健の向上を図ることにある(法1条)。
当初の名称は「精神衛生法」で、1988年7月施行の精神衛生法等の一部を改正する法律(昭和62年9月26日法律第98号)により「精神保健法」に、1995年7月施行の精神保健法の一部を改正する法律(平成7年5月19日法律第94号)により「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」に改める。
目次
1.構成
2.強制入院の根拠法
├2.1.精神科病院、精神病床、精神保健指定医
└2.2.処遇
3.福祉制度の根拠法
4.行政監査
5.歴史
└5.1.精神障害者社会復帰施設
6.脚注
7.関連項目
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/09/01 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant