生物学における不老不死
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
生物学における不老不死(せいぶつがくにおけるふろうふし)とは、通常では時間の経過に伴って発生する老化が発生せず、もしくは一時的に発生しても若返ることによって、老衰による死から免れた状態のこと。
生物学的には、いかなる外傷・疾病・毒物などによっても死ぬことのない状態を表す不死身は成り立ち得ないため、不老不死のうち、「不老」に当たる概念を指して不老不死と呼ばれる。老衰による死を免れた個体や細胞の形質を指して「不死化」と呼ばれる。
目次
1.真核細胞以外の場合
2.真核細胞の場合
└2.1.原因
3.細胞レベルで
4.薬学による寿命伸長
5.脚注
6.関連項目
7.参考文献
├7.1.書籍
├7.2.論文
├7.3.DVD
出典:Wikipedia
2019/05/15 09:31
ソ人気記事ランキング
2019/08/18 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant