生成文法
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
生成文法(せいせいぶんぽう、: generative grammar)は、ノーム・チョムスキーの 『言語理論の論理構造』(The Logical Structure of Linguistic Theory、1955/1975)、 『文法の構造』(Syntactic Structures、1957)といった著作や同時期の発表を契機として起こった言語学理論である。
目次
1.概論
2.生成文法の基本的考え方
├2.1.生成文法前史
├2.2.生成文法以前の「生成文法」
├2.3.言語能力と言語運用
├2.4.容認性と文法性
├2.5.生成文法と言語獲得
└2.6.普遍文法の求め方
3.変形生成文法の展開
├3.1.句構造規則と変形規則
├3.2.標準理論
├3.3.原理とパラメターのアプローチ
├3.4.ミニマリスト・プログラム
└3.5.生成意味論と言語学戦争
4.多層的アプローチと単層的アプローチ
5.工学で用いられる生成文法
├5.1.HPSG
└5.2.TAG
6.生成文法への批判
├6.1.言語機能の自律性と生得性に対する批判
└6.2.扱う言語データへの批判
7.脚注
8.関連項目
出典:Wikipedia
2019/05/10 21:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/05 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位井上真樹夫
 5位HR 8799 d
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant