サービス終了のお知らせ
成年後見制度
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
成年後見制度(せいねんこうけんせいど)とは、広義には日本における意思決定支援法制をいう。つまり、人(自然人)の意思能力が低い状態がある程度の期間続いている場合に、本人の判断を他の者が補うことによって、本人を法律的に支援するための制度をいう[1]1999年の民法改正で従来の禁治産制度に代わって制定され、翌2000年4月1日に施行された。民法に基づく法定後見と、任意後見契約に関する法律に基づく任意後見とがある(広義の成年後見制度には任意後見を含む[1])。
狭義には法定後見のみを指す[1]。法定後見は民法の規定に従い、意思能力が十分でない者の行為能力を制限し(代理権の付与のみが行われている補助の場合を除く)、その者を保護するとともに取引の円滑を図る制度をいう[1]
最狭義には法定後見(後見、保佐、補助)の3類型のうち民法親族編第5章「後見」に規定される類型のみを指す[2]
後見には成年後見のほか未成年後見もある(未成年後見については「未成年後見人」と「後見」の項参照)。なお、後述のように未成年者についても成年後見の適用は排除されていない[1]。これは成年が近くなった未成年者の知的障害者が成年に達する場合には法定代理人がいなくなってしまうことから、その時に備えて申請を行う必要があるためである[3](詳細は後述)。
目次
1.成年後見制度発足の経緯
├1.1.禁治産・準禁治産制度への批判
└1.2.禁治産・準禁治産制度との相違点
2.法定後見
├2.1.根拠法
├2.2.3類型
├2.3.法定後見開始の手続
├2.4.成年後見人等の義務
├2.5.後見監督人等
├2.6.報酬の付与
└2.7.法定後見の終了
3.任意後見
├3.1.根拠法
├3.2.優先劣後
├3.3.任意後見契約の発効
├3.4.任意代理との違い
├3.5.法定後見との違い
├3.6.任意後見契約の態様
├3.7.後見人の報酬
└3.8.弁護士法との問題
4.後見に関する証明書
5.精神保健福祉法との関係
6.法定後見の実務と課題
├6.1.後見人の類型
├6.2.成年後見人の権限
├6.3.成年被後見人の法的権利に関する問題
├6.4.成年被後見人の財産保護に関する問題
└6.5.成年後見人の報酬
7.脚注
8.参考文献
9.関連項目
出典:Wikipedia
2020/02/06 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant