成田国際空港の安全確保に関する緊急措置法
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
成田国際空港の安全確保に関する緊急措置法(なりたこくさいくうこうのあんぜんかくほにかんするきんきゅうそちほう、昭和53年法律第42号)は、成田国際空港の機能や施設、航空の安全確保に関する日本の法律。略称は「成田新法」。空港反対派からは「成田治安法」とも呼ばれている。制定時の題名は「新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法」であり、2004年(平成16年)4月1日の新東京国際空港公団民営化の際に、「新東京国際空港」が「成田国際空港」に改称されたことに合わせて、題名が現在のものに改題[1]された。最終改正は、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(平成25年法律第86号)附則第8条による、刑法上の凶器準備集合及び結集罪の条ずれを反映させたもの。
目次
1.概要
└1.1.かつて成田新法で指定されていた団結小屋
2.法律の構成
3.余談
4.脚注
5.関連項目
出典:Wikipedia
2019/09/12 00:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant