サービス終了のお知らせ
成人T細胞白血病
▼人気記事ランキング
7.治療
Indolelent ATLでは通常は無症状で緩慢な経過をたどり、早期に治療介入することによる予後改善が認められないため、急性型に移行するまで無治療経過観察される。皮膚病変に対して皮膚指向性治療が行われるが生存期間の改善に貢献するエビデンスはない。海外では皮膚病変や日和見感染など有症状のindolent ATLにインターフェロンαとジドブジン併用療法がひとつの選択肢になっている[20]

Aggressive ATLでは70歳以下ならばmLSG15療法(VCAP-AMP-VECP療法)と同種造血幹細胞移植が検討される。70歳を超える場合はCHOP療法ベースの化学療法を救援療法としてはヒト化抗CCR4モノクローナル抗体であるモガムリズマブレナリドミドが検討される。

VCAP-AMP-VECP療法:ビンクリスチンシクロフォスファミドドキソルビシンプレドニゾロン
-ドキソルビシンラニムスチンプレドニゾロン
-ビンデシンエトポシドカルボプラチンプレドニゾロン
抗CCR4抗体(モガムリズマブ
レナリドミド
[4]前ページ
(6.2.予後因子)
[6]次ページ
(8.歴史)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/23 19:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant