サービス終了のお知らせ
性分化疾患
▼人気記事ランキング
1.性分化疾患の一覧
1.3.性器異常による性分化疾患

メイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザー症候群 (MRKH)[編集]


先天性膣欠損症とも呼ばれる。XX女性で他の性器は通常だが、内性器である膣・子宮が欠如している状態。発生頻度は女性の4,000〜5,000人に1人の割合。性自認は全員が女性の自認を持つ。

尿道下裂[編集]


男児の尿道口が陰茎の先端に位置していない状態。程度によっては立位排尿が困難になりうる。軽度のものは性分化疾患に分類されないが、尿道が陰嚢に位置しており陰茎の形状にも異常がみられるなどの、重度の形態のみ性分化疾患に分類される。外性器以外は通常の男性と変わらない機能を有するため、生殖能力は保たれる。[2]

総排泄腔外反症[編集]


先天性下腹壁・外陰形成不全症で、肛門および内性器・外性器異常を伴いやすい。

[4]前ページ
(1.2.性腺異常による性分化疾患)
[6]次ページ
(1.4.染色体異常による性分化疾患)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/03 01:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant