サービス終了のお知らせ
数 (文法)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
言語学における(すう)とは、語形変化させる文法カテゴリーの一つ。数の区別のある多くの言語では単数と複数の2種類があり、指示対象の数量が1であるものを単数、それ以上であるものを複数と呼ぶ。
言語によっては、単数・複数以外に、2をあらわすのに特別な形式をもつものがあり、双数(あるいは両数)と呼ばれる。双数は主に、目・耳・腕・足など、1対になっているものや代名詞に用いる。双数を有する言語の例として、アラビア語スロベニア語ソルブ語ハワイ語などが挙げられる。
少数の言語では3つのものを表す三数がある(たとえばバヌアツのアンナトム(アネチョム)語 (Aneityum language[1]
抽象名詞や物質を表す名詞の多くは不可算名詞であり、原則として単数として扱われる。逆に集合名詞(英語 people「人々」、cattle「牛」など)は常に複数として扱われる。英語clothes「衣服」、series「系列」、species「」のような複数専用名詞も存在する。
0 については、英語やスペイン語などでは複数形を用い、それぞれ 0 hours, 0 horas(0時間)のように言う。英語noneについては可算名詞では単数と複数の両方の場合がある[2]。また、アイスランド語リトアニア語などのように20以降では1の位を数の目安とするため、21、31などの場合は意味に関わらず名詞は単数形で用いる言語も存在する(アイスランド語:1/21 ma?ur(1人/21人の男)、2/22 menn(2人/22人の男)など)。
単数形と複数形で意味が異なることもある。英語のmannerは「方法」という意味だが、「マナー」の意味では複数形が使われる。フランス語のciseauは「のみ」を意味するが、複数のciseauxは「はさみ」である。
ひとつの単数形に複数の複数形が対応することがある。英語brotherに対するbrothers(兄弟たち)とbretheren(同業者仲間)など。
目次
1.品詞による相違
2.日本語の数
3.脚注
4.関連項目
出典:Wikipedia
2019/11/28 10:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant