水死
▼人気記事ランキング
4.その他
4.2.死因の信ぴょう性
死因のデータについては、業界により様々な信ぴょう性が問われている。例えば2009年11月25日サウジアラビアで発生した大雨による大洪水では[6]100人以上が死亡したが、現地のメディアではこれを「洪水で100人以上が溺死した」といった内容で配信された。しかし100人中100人が全員溺死したなどと簡単には断定する事はできない。中には濁流に流されてきたなどで頭部を直撃し、脳挫傷で死亡する場合もある。いわゆる水に沈んだ遺体の全てが、必ずしも溺死したとは限らないのである。その為、死因についての決定や公表をする場合は、慎重になる必要がある[5]

[4]前ページ
(4.1.死因が溺水にならない例)
[6]次ページ
(4.3.事件性のある水死)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/10 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant