水死
▼人気記事ランキング
1.日本人の溺死
1.3.その他の原因による溺死
件数は少ないが、陸上で溺死することがある。

乾性溺水とは、勢いよく水を飲んだ時などに、誤って呼吸器に水を吸い込んだことが原因で気道がけいれんを起こし、空気の通り道がふさがれて溺水や溺死を引き起こすことである。

二次溺水とは、水難事故で溺れかけたことが原因で肺に水が溜まり、その時は助かっても数時間後や数日後に肺水腫となって死亡することである。

[4]前ページ
(1.2.水難事故による溺死)
[6]次ページ
(2.水死に至るまでの過程)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/10 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/17 更新
 1位日本
 2位平清香
 3位ドロヘドロ
 4位軽井沢スキーバス転落事故
 5位1月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant