水死
▼人気記事ランキング
4.その他
4.3.事件性のある水死
事件性が認められる水死体は解剖などの調査が行われる。例えば、2004年(平成16年)11月に奈良で起きた小学一年生殺害事件では、被害女児の死因は溺死であったが、気道や胃や肺などに残留した液体や付着物が調べられた。プランクトン藻類などの混在や、塩分濃度などの水質から、水死した場所が特定できる。

一方、組織の含水などにより、遺体の損傷が生前に犯人に付けられたのか、あるいは流されているときについたものなのか、識別が難しくなるという特徴がある。

[4]前ページ
(4.2.死因の信ぴょう性)
[6]次ページ
(4.4.自殺)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/10 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/28 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位徳勝龍誠
 5位東出昌大
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant