サービス終了のお知らせ
申命記
▼人気記事ランキング
2.内容
『申命記』は、伝承では死を前にしたモーセがモアブの荒れ野で民に対して行った3つの説話をまとめたものであるとされている。

第1の説話(1章〜4章)では、40年にわたる荒れ野の旅をふりかえり、神への忠実を説く。
第2の説話(5章〜26章)は中心部分をなし、前半の5章から11章で十戒が繰り返し教えられ、後半の12章から26章で律法が与えられている。
最後の説話(27章〜30章)では、神と律法への従順、神とイスラエルの契約の確認、従順なものへの報いと不従順なものへの罰が言及される。
最後の説話の後、モーセは来るべき死への準備をし、ヨシュアを自らの後継者として任命する。その後、補遺といわれる部分が続く。
32章1節〜47節は、『モーセの歌』といわれるものである。
33章では、モーセがイスラエルの各部族に祝福を与える。
32章48節〜52節および34章では、モーセの死と埋葬が描かれて、モーセ五書の幕が閉じられる。
[4]前ページ
(1.名称)
[6]次ページ
(3.1.伝統的解釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/23 08:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant