出芽酵母
▼人気記事ランキング
6.真核細胞のモデルとしての出芽酵母
6.1.モデル生物としての利点
均一な細胞集団を大量に用意できる為に、生化学的解析に適している。
一倍体世代、二倍体世代が安定して存在することをはじめ、遺伝学的解析に適した特性もっている。特に前者は、劣性変異の表現型を容易に調べられるという点から重要である。
ゲノムサイズが1200万bpでヒトの250分の1、大腸菌の4倍と小さい。
相同組替え効率が高いことから遺伝子破壊のようなゲノムの編集法が発達していることをはじめ、多くの便利な分子生物学的手法が蓄積している。
システム生物学のモデルとしての特性は後述する。

[4]前ページ
(6.真核細胞のモデルとしての出芽酵母)
[6]次ページ
(6.2.研究例)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/13 19:30
ソ人気記事ランキング
2019/05/21 更新
 1位日本
 2位北方町猟銃殺人逃走事件
 3位MALICE MIZER
 4位5月20日
 5位丸山穂高
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant