集団就職
▼人気記事ランキング
3.日本国外における同種の労働者の事例
複線型教育のドイツでは4年間の初等教育の後、中等教育では進路が職業人向け学校(基幹学校実科学校)と高等教育向けの学校であるギムナジウム(日本の中高一貫校に相当)に分けられている。このような教育課程は「マイスター制」と呼ばれていて、中等教育機関への進学率はギムナジウムが約20%、実科学校が約33%、基幹学校が約47%である。基幹学校卒業生の多くは就職し、工員や職人などになる者もおり嘗ての日本のような「金の卵」に近い雇用形態が未だに根付いている。

[4]前ページ
(2.3.(参考)現代における低学歴労働者)
[6]次ページ
(4.関連する作品)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/19 21:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/28 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位徳勝龍誠
 5位東出昌大
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant