週刊少年マガジン
▼人気記事ランキング
1.特徴
1.1.劇画路線からの脱却
W3事件の際、手塚治虫が『週刊少年マガジン』から原稿を引き上げたため、対立軸を明確にすべく1970年代劇画路線をとったことで知られる。以降読者の高年齢化が進み、1980年代から1990年代中頃まではヤンキー漫画格闘漫画が主流を占めたため「不良の読む雑誌」とされたこともあったが、いわゆる第2次黄金期(1997年 - 2002年)以降はそのイメージは過去のものとなりつつある

近年の少年誌では珍しい、ノンフィクションのドキュメンタリー漫画が掲載される他、一時期は芸能人による連載企画も行われていた。

[6]次ページ
(1.2.グラビア企画)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/16 01:00
ソ人気記事ランキング
2018/10/23 更新
 1位日本
 2位沢田研二
 3位積木くずし
 4位田中信夫
 5位穂積隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant