サービス終了のお知らせ
情報理論
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
情報理論(じょうほうりろん、: Information theory)は、情報通信数学的に論じる学問である。応用数学の中でもデータ定量化に関する分野であり、可能な限り多くのデータを媒体に格納したり通信路で送ったりすることを目的としている。情報エントロピーとして知られるデータの尺度は、データの格納や通信に必要とされる平均ビット数で表現される。例えば、日々の天気が3ビットのエントロピーで表されるなら、十分な日数の観測を経て、日々の天気を表現するには「平均で」約3ビット/日(各ビットの値は 0 か 1)と言うことができる。
情報理論の基本的な応用としては、ZIP形式可逆圧縮)、MP3非可逆圧縮)、DSL伝送路符号化)などがある。この分野は、数学統計学計算機科学物理学神経科学電子工学などの交差する学際領域でもある。その影響は、ボイジャー計画の深宇宙探査の成功、CDの発明、携帯電話の実現、インターネットの開発、言語学や人間の知覚の研究、ブラックホールの理解など様々な事象に及んでいる。
目次
1.概要
2.歴史的背景
3.情報に関する数学的理論
├3.1.エントロピー
└3.2.伝達情報量などの情報定量化
4.通信路容量
├4.1.特定通信路モデルでの通信路容量
└4.2.情報源理論
5.応用
├5.1.符号理論
├5.2.諜報活動と秘密保持
├5.3.擬似乱数生成
└5.4.その他の応用
6.参考文献
├6.1.古典的論文
├6.2.その他の論文
├6.3.情報理論の教科書的書籍
└6.4.その他の書籍
7.関連項目
├7.1.応用
├7.2.理論
└7.3.概念
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/01/25 08:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant