上野東京ライン
▼人気記事ランキング
11.各種意見
11.3.反対意見に対する事業者側の見解
騒音、振動問題
最新技術及び建設機械、低騒音及び低振動の工法・機械を採用し、敷地境界付近には仮囲いを設置する。長時間連続する作業を避ける。建設作業騒音及び建設作業振動は基準以下である。防音壁、ロングレール、レールの重量化及び弾性バラスト軌道、バラストマットの採用、レール研磨、車輪及び車両の整備。
日照権
防音壁に透光板を採用する。住居地域及び近隣商業地域に定められている日影の基準を満たす。
安全性
地質調査を行った上で設計し、兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)クラスの大地震に対しても耐えられる構造物としている。
JR東北縦貫線計画・事業者側の見解 (PDF)
[4]前ページ
(11.2.反対意見)
[6]次ページ
(11.4.懸念の声)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/19 01:31
ソ人気記事ランキング
2018/06/19 更新
 1位小林由美子
 2位ドーハの悲劇
 3位寺田屋事件
 4位6月18日
 5位秋葉原通り魔事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant