上野東京ライン
▼人気記事ランキング
11.各種意見
11.2.反対意見
計画発表当初より、一部住民などから建設反対意見が挙がっている。

主に台東区上野御徒町地区では「(特に工事中の)騒音がひどくなる」「家具が揺れる」などの意見がある。千代田区神田地区では、住民から「国鉄時代に二層高架は行わないとの取り決めがあった」「日照権を侵害する」「大地震時に倒壊し、周辺に多大な被害が出る危険性がある」「風通しが悪くなり、周辺の気温が上昇する」「二層高架化による勾配を電車がフルノッチで駆け上がるために、モーターの騒音が相当なものになる」などの反対意見が出た。

JR東日本との対話も行われたが、納得できなかった住民が、2007年(平成19年)8月1日に、建設差し止めを求めて東京地方裁判所提訴[97]。裁判は5年以上に渡って続けられたが、2012年(平成24年)9月24日に判決が言い渡され、ほぼ全面的にJR東日本の主張を認める形で、原告の請求は棄却され、住民側は控訴する方針であるとされたものの、その後の動向は伝えられることの無いまま、開業を迎えた。

同住民らは、縦貫線を二層高架ではなく地下化する希望的提案[98]をしていた(なお、これに関してJR東日本は、そもそも提訴されるより前、住民説明会で質問された際に新線を通す地下のスペースの取得、高架より割高になる費用の確保、地下を通すと横須賀線直通となるために同線及び相互直通運転を行っている総武快速線の現在の運行本数維持の3点が困難であることを理由に拒否していた)。

反対意見者[編集]


台東区の一部住民・勤務者
[4]前ページ
(11.1.賛成意見)
[6]次ページ
(11.3.反対意見に対する事業者側の見解)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/13 02:01
ソ人気記事ランキング
2018/11/13 更新
 1位日本
 2位北方町猟銃殺人逃走事件
 3位日本における死刑
 4位正木裕美
 5位アフタヌーンショー
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant