上野東京ライン
▼人気記事ランキング
10.計画当時の見込み
10.5.品川車両基地について
JR東日本のプレスリリースで「車両留置箇所の見直しによる車両基地用地の有効活用」との記載および別紙として『品川車両基地の現状』 (PDF) との資料を添付している。この中で品川車両留置基地の現状における車両留置面積及び「一部用地の生み出し」の記述がされており、田町車両センター(現:東京総合車両センター田町センター)など品川駅北側の車両基地の再編を想定していることがわかる。また、一部報道でも再編後に過半数におよぶ十数ヘクタールの敷地が開発可能と報じている[91]

前記開発に伴い、"山手線・京浜東北線の線路を整地したエリアの東側に移設した上で、移設区間の泉岳寺駅近辺に新駅(名称未定)を設ける計画"と2012年1月4日あるいは5日に報道された。これによれば15ヘクタールある同用地は2011年12月に国から国際戦略総合特区に指定され、新駅は東京都・港区・JR東日本などで組織する検討委員会において話し合いが進行中で、上野東京ライン開業後(2014年度)の着工見通しで、開業時期は早くて2020年[92]とも報じられている[93]

2014年6月3日に新駅開設が正式に発表され、田町駅から約1.3km、品川駅から約0.9km付近に設置、2020年の東京オリンピックパラリンピックにあわせて暫定開業を予定している[94]

[4]前ページ
(10.4.常磐線に関する計画)
[6]次ページ
(10.6.羽田空港乗り入れ構想)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/13 02:01
ソ人気記事ランキング
2018/11/13 更新
 1位日本
 2位北方町猟銃殺人逃走事件
 3位日本における死刑
 4位正木裕美
 5位アフタヌーンショー
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant