上原げんと
▼人気記事ランキング
概要
上原 げんと(うえはら げんと、1914年大正3年)12月28日 - 1965年昭和40年)8月13日)は昭和期の作曲家。弟も同じく作曲家の上原賢六

経歴[編集]

青森県西津軽郡木造町出身。(現つがる市木造)(本名:上原治左衛門)実家は蓄音機店。
1936年昭和11年)から、演歌師などをしながら全国放浪をする。
1938年(昭和14年)2月、歌手の岡晴夫と組み、「国境の春」でキングレコードからデビュー。
その後も、岡晴夫の黄金期を支える作曲家として数々の曲を作曲する。
戦後はコロムビアレコードに移籍し、美空ひばり初代コロムビア・ローズ島倉千代子などに曲を提供する。
作詞家・石本美由起コロムビアレコードに移籍させコンビを組む。
1965年(昭和40年)8月13日、避暑地に向かう車中で心筋梗塞を発症し急死。50歳没。墓所は東京都八王子市の東京霊園。

代表曲[編集]

『国境の春』(昭和14年2月)[松村又一作詞、歌:岡晴夫
『上海の花売娘』(昭和14年5月)[川俣栄一作詞、歌:岡晴夫]
『港シャンソン』(昭和14年8月)[内田つとむ作詞、歌:岡晴夫]
『広東の花売娘』(昭和15年1月)[佐藤惣之助作詞、歌:岡晴夫]
『パラオ恋しや』(昭和16年7月)[森地一夫作詞、歌:岡晴夫]
『花の広東航路』(昭和16年8月)[佐藤惣之助作詞、歌:岡晴夫]
『艦上日記』(昭和18年3月)[武内俊子作詞、歌:岡晴夫]
『アラカンの夜明け』(昭和18年12月)[大倉芳郎作詞、歌:岡晴夫]
『ニュー・トーキョー・ソング』(昭和21年3月)[清水七郎作詞、歌:岡晴夫]
『ジープは走る』(昭和21年3月)[吉川静夫作詞、歌:鈴村一郎
『東京の花売娘』(昭和21年6月)[佐々詩生作詞、歌:岡晴夫]
『長崎シャンソン』(昭和21年8月)[内田つとむ作詞、歌:樋口静雄
流れの旅路』(昭和23年6月)[吉川静夫作詞、歌:津村謙
『薔薇を召しませ』(昭和24年6月)[石本美由起作詞、歌:小畑実
『マドロスの唄』(昭和24年10月)[松村又一作詞、歌:岡晴夫]
『私は街の子』(昭和26年1月)[藤浦洸作詞、歌:美空ひばり
『ひばりの花売娘』(昭和26年1月)[藤浦洸作詞、歌:美空ひばり]
『娘十九はまだ純情よ』(昭和27年4月)[西條八十作詞、歌:初代コロムビア・ローズ
『伊豆の佐太郎』(昭和27年12月)[西條八十作詞、歌:高田浩吉
ひばりのマドロスさん』(昭和29年2月)[石本美由起作詞、歌:美空ひばり]
『渡り鳥いつ帰る』(昭和30年1月)[石本美由起作詞、歌:初代コロムビア・ローズ]
『白鷺三味線』(昭和30年1月)[西條八十作詞、歌:高田浩吉]
『逢いたかったぜ』(昭和30年7月)[石本美由起作詞、歌:岡晴夫]
『逢いたいなアあの人に』(昭和32年1月)[石本美由起作詞、歌:島倉千代子
港町十三番地』(昭和32年5月)[石本美由起作詞、歌:美空ひばり]
東京のバスガール』(昭和32年9月)[丘灯至夫作詞、歌:初代コロムビア・ローズ]
『忘れ得ぬ人』(昭和32年12月)[石本美由起作詞、歌:島倉千代子
『銀座九丁目水の上』(昭和33年5月)[藤浦洸作詞、歌:神戸一郎

上原作品でデビューした歌手[編集]

岡晴夫
若原一郎
コロムビア・ローズ(初代、二代目)
神戸一郎(十代の恋よさようなら)でデビュー
宝田明
松山まさる(現・五木ひろし)(新宿駅から)でデビュー
村岡十九夫(作曲家・上村晴男、上村張夫)
松方弘樹(俳優)門下生
出典:Wikipedia
2019/03/03 12:01
ソ人気記事ランキング
2019/08/18 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant