障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(しょうがいしゃのにちじょうせいかつおよびしゃかいせいかつをそうごうてきにしえんするためのほうりつ、平成17年法律第123号)は、日本福祉法の一つ。障害者総合支援法(しょうがいしゃそうごうしえんほう)と略す。制定時の題名は、障害者自立支援法(しょうがいしゃじりつしえんほう)であり、2012年の改正[1]で、現在の題名に改題された。
障害者及び障害児が基本的人権を享有する個人としての尊厳にふさわしい日常生活又は社会生活を営むことができるよう、必要な障害福祉サービスに係る給付、地域生活支援事業その他の支援を総合的に行い、もって障害者及び障害児の福祉の増進を図るとともに、障害の有無にかかわらず国民が相互に人格と個性を尊重し安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与することを目的とする(法第1条)。
目次
1.法律立案者のねらい
2.事業の一覧
├2.1.自立支援給付
├2.2.地域生活支援事業
└2.3.ピアサポート強化事業
3.手続
4.歴史
├4.1.2005年、自立支援法
└4.2.2012年、総合支援法
5.批判
└5.1.障害者自立支援法違憲訴訟
6.脚注
7.参考文献
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/09 21:32
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant