サービス終了のお知らせ
証人喚問
▼人気記事ランキング
1.国会の証人喚問
1.5.参考人招致との違い
誤解を招きやすい事柄として『参考人招致』(国会法第106条)があるが、これは証人喚問とは異なるもので、「関係者に話を聞かせてもらう」ことを目的としている。虚偽の証言を行ったとしても偽証罪に問われることはなく、撮影も自由である。証人喚問が行われる前にそれに先立って当人につき参考人招致が行われることがある。

[4]前ページ
(1.4.歴史)
[6]次ページ
(1.6.過去に行われた証人喚問)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/03 19:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant