笑ってはいけないシリーズ
▼人気記事ランキング
14.脚注
14.2.出典
マイナビニュース (2015年11月6日). “[笑ってはいけない]“ガースー”総監督が語る人気番組の裏側とこだわり”. まんたんウェブ. 2015年11月8日閲覧。
今年は"笑ってはいけないアメリカンポリス24時!" - 初登場のメンバー身内も マイナビニュース
2017年4月にガキの使いのフリートークのセットは8年ぶりに変更されたが、笑ってはいけないのセットは1つ前のセットを使っている。
“「ガキ使」笑ってはいけない、海外ファンもスゴい”. ニコニコニュース (2014年12月31日). 2016年12月3日閲覧。
“『ガキ使』年越しSP、民放横並びトップ”. ORICON STYLE (2016年1月2日). 2016年1月7日閲覧。
“大みそか民放視聴率トップは「ガキ使年越しSP」”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (2013年1月3日). 2016年1月2日閲覧。
“日テレ「ガキ使」歴代最高19・8%で民放トップ”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (2014年1月3日). 2016年1月2日閲覧。
“「ガキ使」大みそかSP 5年連続で紅白裏民放トップ18・7%”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (2015年1月2日). 2016年1月2日閲覧。
“「ガキ使」大みそかSP 6年連続で紅白裏民放トップ17・6%”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (2016年1月2日). 2016年1月2日閲覧。
“「ガキ使」大みそかSP 7年連続で紅白裏民放トップ17・7%”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (2017年1月2日). 2017年1月2日閲覧。
“「ガキ使」大みそかSP 8年連続で紅白裏民放トップ17・3% 蝶野ビンタ継続”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (2018年1月2日). 2018年1月2日閲覧。
“ココリコ田中 ガキ使の尻叩き“罰”に涙ぐましい抵抗!“叩く人”たちの裏話とは?”. News Lounge(ニュースラウンジ) (2015年12月19日). 2016年1月9日閲覧。
しかしその後「ゴボウしばき合い対決」と浜田の声でアナウンスが流れたその瞬間に方正が起き出し、ゴボウを持ったホルスタイン・モリ夫(モリマン)が入ってきて方正をゴボウでしばいた。
[4]前ページ
(14.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/02 15:31
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant