笑ってはいけないシリーズ
▼人気記事ランキング
10.特別ルール「捕まってはいけない」
2010年の『スパイ』で行われた訓練の1つ。「番組史上最も過酷な罰ゲーム」と評された、『24時間耐久鬼ごっこ』のリメイク版である。当時の松本は左股関節の手術からまだ日が浅く、走るのは難しいと判断されたために「ギャラが多いから」という理由で沢村一樹が参加したが、その過酷さに彼の口からは「なんで(オファーを)引き受けたんだろう…」との本音が漏れていた。

鬼は以前と同じ『チ○コマシーン』『パイ』『ハリセン』等の罰ゲームに加え、『デブD』『一服』『一本釣り』『日高昆布』『祭』などが追加された。『デブ』はその名の通りに巨漢の鬼からビンタされ(通常の鬼に比べ走るスピードが遅いためか長男、次男、三男がおり連携して襲ってくる)、『一服』は鬼とタバコを一服する(唯一罰ゲームでないキャラ)、『一本釣り』は上の階から釣竿で鼻フックをされて引っ張られ、『日高昆布』は濡れた昆布で叩かれ、『祭』は神輿の形をした三角木馬に座らされ、それぞれ何回も運ぶ動きをさせられる。鬼に捕まると、メンバーの服に執行された罰の名前が書かれたテープが貼られた。鬼ごっこは1時間行われるが、最初の20分が経過するとその後10分ごとに鬼が追加されていき、残り1分になると「胴上げ」と書かれた鬼が集団で登場する上、捕まると何度も彼らに胴上げされる。ここでもヘイポーのへタレが炸裂し、「ヘイポー」と書かれた服を着て巨大ハリセンを持って登場したが、下り坂で勢いがついて持っていた巨大ハリセンを踏んでこけた上メンバーにハリセンを奪われてしばかれるなどの返り討ちに遭い、追い返された。なお、今回の鬼はブラックアーミー軍団と同じお仕置き隊が演じているため、目元が露出している。

2015年12月17日には、この「捕まってはいけない」をベースにしたニンテンドー3DS用ソフト『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に捕まってはいけない ガースー黒光りランド』(ダウンタウンのガキのつかいやあらへんで!! ぜったいにつかまってはいけない ガースーくろびかりランド)がアルケミストより発売された。

上記の流れを汲む訓練。2013年の『地球防衛軍』で行われ、溝端淳平が参加した。黒鬼に拉致監禁された松本を救出するまで20分ごとに鬼が追加されていくうえ、監禁されている松本も20分ごとに「こちょばし」攻撃を受けることになる。鬼は『スリッパ』『ハリセン』などに加え、『エルビス』『ハネムーン』『ドライブ』『江頭』が追加された。『エルビス』は太い油性ペンで顔にもみあげ(田中の場合はこれにチョビヒゲも加わる)を書かれる、『ハネムーン』は大量の空き缶の付いたベルトを着けられて音で居場所がわかってしまう(方正は空き缶に付いているひもが階段の手すりに絡まってしまい、しばらく身動きできなかったが、ひもを噛み切ってようやく動けるようになった)、『ドライブ』は脇阪寿一が運転する時速300km超のレクサス・LFA(4000万円相当)に同乗させられて富士スピードウェイのサーキットを周回。そして、『江頭』は江頭が尻に粉を詰め、それを顔に噴射するというものだったが、放送上では不発に終わる。これはセッティングに時間が掛かった上、テープチェンジのタイミングが重なり、実際は噴射するまでかなりの時間が掛かったため。 上記と同じ訓練。2014年の『大脱獄』で行われ、田原俊彦が参加した。藤原の指示により脇腹を痛めている松本が監禁される役となり、敷地内のどこかにある鍵を探し出してドアを開け松本を救出するが、間違った鍵(サイズが合わない鍵)を使うと松本が『おばちゃん(おばちゃん1号)』鬼にキスをされる。鬼は10分ごとに追加され、最初は『スリッパ』『ハリセン』であるが、10分ごとに『ケツバット』『足かせ』『麻呂』『遠藤一家』『ハットして!Good』『ごめんよ涙』『危険』『小橋建太』が追加された。『ケツバット』は黒鬼に黄色いバットで尻を叩かれる、『足かせ(タイツには『足枷』と書かれていた)』は足に音の出る大きな球体を結び付けられ(方正がリヤカーを使おうとした時に黒鬼のハリセンに外され方正は「えぇ奴やってたぁぁ」と誉めた)、『麻呂』は顔に化粧をされる、『遠藤一家[86]』は(捕まった人が誰であろうが)部屋に連れて行かれ、その場で遠藤の父・母・弟が登場し彼らと会話をするが、直後に彼らにプロレス攻撃をされる、『ハットして!Good』は頭にたくさんの爆竹をつけた帽子を被らされ上で爆破、『ごめんよ涙』は「ごめんよ涙装置」と呼ばれる玉ねぎスライスマシーン2台を左右両方に設置してある台に頭を入れられて、スライスマシーンをスイッチを押し玉ねぎで涙を出させる、『危険』は車の前に縛り付けられ周囲を周回する、『小橋建太』は他の黒鬼に羽交い締めにされて小橋の張り手を何発も食らう。方正はこの時老眼であり、そのせいか『小橋健太』を『小梅太夫』(現:コウメ太夫)と見間違えたらしい。ちなみに本物の鍵は、藤原のポケットに入っていた[87]
自分が罰を受けたくないせいか、仲間を盾にしたり、(鬼に)仲間を売るなどと悪い部分が多く見られる(特に方正と田中)。ちなみにゲストやヘイポー以外の黒鬼はNSCの生徒である[88]
捕まってはいけない名探偵
上記と同じ訓練。2015年の『名探偵』内で行われ、柳楽優弥が参戦した。控え室で着替えをしていると突然黒鬼が現れて松本が拉致監禁され、敷地内のどこかにある鍵を探し出して松本を救出する事になるが、間違った鍵を使うと松本が『おばちゃん(おばちゃん1号)』鬼と『イジリー岡田』鬼に高速鼻ペロンチョをされる。鬼は20分ごとに追加され、『スリッパ』『ハリセン』に加え、『ケツバット』『風船祭』『パンダ』『遠藤一家』『時限爆弾』『銀盤の女王[89]安藤美姫)』『江頭』『中抜き』『生ビール』『サンダーライガー』などが追加された。『ケツバット』は「笑ってはいけない」同様尻を叩かれる、『風船祭』は体に大量の風船を装着される、『パンダ』は顔にパンダのメイクをされる、『時限爆弾』は1分後に作動する爆弾をつけられる(中身はびっくり箱)、『銀盤の女王』は安藤美姫にスケートリンクの上でハリセンで叩かれる、『江頭』は江頭2:50に鼻を舐められる、『中抜き』はショベルカーが罰を受ける人の上を通り、通りすぎた直後に爆発する、『生ビール』は小峠英二(バイきんぐ)にビールサーバーの泡(シェービングクリーム)を吹きかけられる、『サンダーライガー』は獣神サンダーライガーにロメロ・スペシャルをかけられた上そのままハリセンで股間を叩かれるというもの[90]
捕まってはいけない科学博士
上記と同じ訓練。2016年の『科学博士』内で行われ、ヒロミが参戦した。『名探偵』同様、控え室で着替えをしていると突然黒鬼が現れて松本が拉致監禁され、敷地内のどこかにある鍵を探し出して松本を救出する事になるが、間違った鍵を使うと松本が『おばちゃん(おばちゃん1号)』鬼と『出目金(木下隆行(TKO))』鬼に電流で攻撃される。鬼は10分ごとに追加され、『スリッパ』『ハリセン』に加え、『玄関マット』『鉄拳』『真田丸』『101匹わんちゃん』『モンスタートラック』『積年の恨み』『ゆーとぴあ』『江頭』などが追加された。『玄関マット』は筒状に巻いた玄関マットで「笑ってはいけない」同様に尻を叩かれる、『鉄拳』は顔に鉄拳のメイクをされる、『真田丸』は甲冑を着せられて三角木馬に乗せられ体育館内を引き回される、『101匹わんちゃん』は体に101個の犬のペットバルーンをつけられる、『モンスタートラック』はモンスタートラックに乗せられてグラウンドを一周する、『ゆーとぴあ』はグラウンドの小屋の上から長く伸ばしたゴムパッチンをされる、『江頭』は江頭2:50と一緒に自転車のチューブを巻かれ、そのままチューブを膨らませて破裂させるというもの。『積年の恨み』は真っ先にヒロミが捕らえられて羽交い締めにされ、そこにB21スペシャルの相方だったデビット伊東ミスターちんが登場して、ヒロミの過去話を暴露しつつヒロミをハリセンで叩いていた。さらに、『ハマの番長』はスペシャルゲスト鬼として野球解説者の三浦大輔が登場、捕まって四つん這いの姿勢を取らされた遠藤の尻に渾身のストレートを投球した。未公開版では『せーの!バズーカ』が登場。これは、田中の「せーの!」コールで「大晦日といえば?」というお題の答えを方正以外のメンバーが同時に発表したが、合わなかったため、捕まった方正がパイバズーカを喰らった。
捕まってはいけないアメリカンポリス
上記と同じ訓練。2017年の『アメリカンポリス』内で行われ、ムロツヨシが参戦した。藤原の指示により松本が監禁される役となり、敷地内のどこかにある鍵を探し出してドアを開け松本を救出する(今回は偽の鍵はない)。鬼は『スリッパ』『ハリセン』『チ〇コマシーン』に加え、『ジーパン』『顔面粘着テープ』『マリーアントワネット』『鬼札 巨大ゴムパッチン』『浜口家』[91]『怪力レスラー』『出目金(木下隆行)(TKO)』『江頭』などが追加された。『ジーパン』は笑ってはいけない同様に尻を叩かれる、『顔面粘着テープ』は顔面に粘着テープを巻きつけられ(浜田が餌食になり他のメンバーからは「怪物や!」「浜田さんを返せ!!」と怖がられた。)[92]、『マリーアントワネット』は方正がマリーアントワネットの衣装にお色直しされる(鬼が来た瞬間ムロがドレスの中に隠れるシーンもあった。)、『鬼札 巨大ゴムパッチン』は2階の放送室にあった宝箱の中に入っており、鬼札を貼られた者が巨大ゴムパッチンを受けるというものである(方正は即決で浜田を指名)。未公開シーンでは、『浜口家』と『怪力レスラー』が追加され、『浜口家』は浜田が浜口家(母)に呼ばれ部屋に行き、アニマル浜口が鬼から逃げる秘策を伝授するとの事だったが、実際は浜口京子にレスリングをかけられ実践練習させられるというもの。『怪力レスラー』は中西学にチョークスリーパーをかけられるというものである。『江頭』は牢屋の下から現れ、松本にキスをした。その後ドアを開けてそのまま退散したが、鍵がかかっていないことが判明したため訓練は終了した。
[4]前ページ
(9.深夜の特別ルール「絶対に驚いてはいけない(怖がってはいけない)」)
[6]次ページ
(11.1.オープニング)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/11 08:30
ソ人気記事ランキング
2018/10/15 更新
 1位日本
 2位AV女優一覧 あ行
 3位斉木楠雄のΨ難
 4位三浦和義
 5位今日から俺は!!
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant