笑ってはいけないシリーズ
▼人気記事ランキング
6.笑いの罠
6.10.ジミー大西のVTRネタ
『高校(ハイスクール)』以降はジミーのVTRが定番となっており、遠藤と浜田は特にツボにはまってしまう。登場人物の肩書は放送当時のもの。
高校(ハイスクール)
英語の授業で藤原が教材ビデオを流した。内容は『マルコ・ポーロを英語で学ぶ』『1から100まで英語で言う』『一週間を英語で言う』というもの。
警察
生活安全課のお姉さん役で様々な質疑応答するがとんちんかんな答えを連発した。
夜中に『史上最悪の男の頭脳分析』で英語でしりとりしたり、臭いを説明する。時々「オエッ」とえずいて浜田、遠藤、方正を苦しめる。
病院
大西動物病院の院長役で登場するが、彼の嗅覚でメンバー(方正以外)を襲う。
ナースコールで質疑応答するがとんちんかんな答えを連発した。ちなみに方正は当時腸炎を患いながら参加したため何度か抜ける場合があった。
新聞社
大西総理大臣役で質疑応答するがとんちんかんな答え方をした。
身代金の要求VTRではおぼっちゃま役で登場。怪我するギリギリの拷問を受けた。
ホテルマン
ホテルウーマン『大西秀子』役で登場するが電話の対応がメチャクチャだった。
ジャーナリスト大谷昭宏と時事対談するがとんちんかんな答えを連発して、前編・後編と分けて流れた。
スパイ
カリスマスパイのコールセンター役で登場『クレーム』と『スパイの歌』と『007』
自民党政調会長石破茂(元防衛相)と日本の防衛に関する対談をするがとんちんかんな答えを連発し、「日本国総理大臣は?」という石破の問いに対し、菅直人かん・なおと)と解答するべきところを「カン・チョクト」と解答してしまったため、あまりのひどさに呆れた石破から「バカにしないでほしい」と言われる。
空港
受付嬢『大西秀子』役で登場するが電話の対応がメチャクチャだった。
入国審査のビデオ内「自称アメリカ人ダンサー」として登場。臭いのついたリコーダーを吹かされ、えずいていた。
参議院議員片山さつきと対談するがトンチンカンな答えを連発した。
熱血教師
宣教師『大西ザビエル』役として登場。臭いのついたハーモニカを吹かされ、えずいていた。
田原総一朗と対談するがとんちんかんな答えを連発した。
教育カウンセラー『大西秀子』役で登場するが電話の対応がメチャクチャだった。
地球防衛軍
エキスパート隊員『マザー・ジミー』役として登場。赤ちゃんに扮したヘイポーのお守りをさせられる。
コールセンター『大西秀子』役で登場するが電話の対応がメチャクチャだった。
大脱獄
スーパードクター『大西秀明』役で登場し、アザラシや痔の患者を診察した。なお、痔の患者の場合は例年通りえずいた。
カンファレンス医者役で登場するが対応がメチャクチャだった[73]
名探偵
俳優『大西愛之助』役で登場。舞台「アニー」のアニー役の稽古に挑んだ。
科学博士
泥酔寝起き反応実験の被験者として登場。また、仕掛け人の科学者役で宮川大輔が登場した。
アメリカンポリス
『世界一の嗅覚を持つレジェンドポリス・大西ジミー秀明』役で登場。大西の優れた嗅覚について解析したドキュメンタリー風の内容だった。
[4]前ページ
(6.9.写真週刊誌・MONDAY(マンデー))
[6]次ページ
(6.11.DVDネタ)

73. DVDにのみ収録。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/02 15:31
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant