笑ってはいけないシリーズ
▼人気記事ランキング
6.笑いの罠
6.1.笑いの刺客
メンバーを笑わせるために登場する芸能人たちの中でも、常連の人物を紹介する。当初はお笑い芸人が中心だったが、『新聞社』以降は通常バラエティ番組に出演しない俳優・スポーツ選手が出演することも多くなっている。『名探偵』以降は、1月期に始まる連続ドラマの主演俳優がドラマの役に扮した仕掛け人として登場している。

俳優が出演する場合はお笑い芸人とのコラボネタ、または俳優が芸人のネタをコピーして披露する傾向もある。

芸能人では唯一全シリーズに出演。『高校』『警察』『地球防衛軍』では板尾の嫁が登場することもあった。基本、2回(またはそれ以上)登場する[34]
『温泉宿』では田中を待つ客、『湯河原』では謎の狙撃手、『病院』ではブラックジャック、『新聞社』では宇宙人、『ホテルマン』では馬に乗る男、『スパイ』では変装の名人、『空港』では空港内を彷徨うゾンビ、『熱血教師』ではターミネーター、『地球防衛軍』ではなりすまし部隊、『大脱獄』では脱走者、『名探偵』、『科学博士』では犬神板尾(『犬神家の一族』のスケキヨがモデル)、『アメリカンポリス』では天才猟奇殺人犯(実は女性)と、ミステリアスなキャラで出てくることが多い。
なお、『高校』ではバイクに乗る際に足を荷台に引っ掛けてしまったり、『病院』では携帯電話を充電したまま忘れていったり、『大脱獄』では壁に頭を打ち付けたり、『名探偵』では机の上に置いた新聞を何回も落とすなど台本には関係なく彼自身の天然さでメンバーを笑わせていることも多々ある。
村上ショージ
『高校』から『空港』に出演。『高校』での英語教師、『スパイ』でのプロレスラー、『空港』でのテロリストなど、風変わりな人物を演じる。
関根勤
『新聞社』から『名探偵』に出演(『ホテルマン』『スパイ』は出演なし)。輪島功一おすぎ等、芸能人のモノマネで登場。『名探偵』では、レクリエーションの参加者として登場。
品川祐品川庄司
『熱血教師』以降出演。昼食をかけたゲームの執行人(『アメリカンポリス』のみ、驚いてはいけないに出演)。なお、相方の庄司智春も『高校』『熱血教師』『地球防衛軍』に登場しており、一発芸などを披露している。
千秋
遠藤の前妻で、離婚後も出演。『警察』から『科学博士』に出演(『スパイ』『大脱獄』は出演なし)。『新聞社』以降は新おにぃ(後述)や遠藤一家との共演が多い。『科学博士』では本編には登場していないが、『熱血教師』の回想シーンのみ出演。
新おにぃ(前島コーイチ)
『湯河原』、『新聞社』から『大脱獄』に出演。千秋の新たな結婚相手という設定から「新おにぃ」[35]と名付けられた。まったく似ていないものまねをしてメンバーを笑わせる。芸能関係やテレビドラマの知識に非常に疎く、誰もが知っているドラマの名シーンなどをとんちんかんに演じて笑いを誘っている。また、『湯河原』では「ホホホイおじさん」としてエキストラ出演した。『大脱獄』では、ドラマ「3年B組振分先生」でカメオ出演(DVD等ではカット)。
森崎友紀
『熱血教師』『地球防衛軍』に出演。『熱血教師』では遠藤の助兵衛疑惑の証人として登場し、『地球防衛軍』では「遠藤が口説き損ねた女」として、千秋と共に遠藤一家との共演で出演。
友近
『警察』以降に出演(『地球防衛軍』『名探偵』『科学博士』は出演なし)。『病院』からは持ちネタ「ピザ屋・西尾一男」として登場。『スパイ』では普通の女性で登場。『大脱獄』では堂島たまき役で登場。その後しばらく登場しなかったが、『アメリカンポリス』では滝藤賢一の交際相手役として久々に出演。
菅賢治
番組スタッフ。全シリーズに出演していたが、2016年放送の『科学博士』を最後に卒業した。『病院』から『科学博士』までの仕掛人を務めており、「ガースー黒光り〜」の職場名、うそポスター、うそ看板、小道具での登場が多く、メンバーを確実に苦しめている。近年は勤務(『大脱獄』では生活)終了後のメンバーを出迎え、あいうえお作文を読むのがお約束になっている。
中村喜伸
番組スタッフ。全シリーズに出演。芸人や歌手に扮して登場するが、必ずと言って良いほどネタや歌詞を度忘れするため、メンバーが笑ってしまうことも多々ある。『スパイ』以降は、上島・出川の体を張った対決に登場。剣道の有段者でもあるため、『名探偵』では同年にブレイクしていた、ゲスト出演者のとにかく明るい安村と「目隠し剣道対決」を行ったこともある。
ヘイポー(斉藤敏豪
番組スタッフ。『温泉旅館』から『地球防衛軍』に出演(『熱血教師』は出演なし)。「ガースー」こと菅賢治の番組卒業に伴い、2017年放送の『アメリカンポリス』から仕掛人に就任(「ヘイポーおまめ〜」の職場名)。
ヘタレっぷりを活かした役割が多い。『新聞社』『ホテルマン』『地球防衛軍』では本人が最も嫌いな暗所等で生活するという、違う意味でメンバーとは異なる罰ゲームを受ける羽目になり、故意ではないがヘタレっぷりやビビリぶりでメンバーを苦しめる。
『ホテルマン』『スパイ』『地球防衛軍』では、本編の収録で使われなかった未公開VTRにも出演していた。
ジミー大西
『高校』以降VTR出演が定番化。電話相談やクレーム対応、大物文化人・政治家との対談などの映像で登場し、とんちんかんな発言をしてはメンバーの爆笑を誘う。通称「名物男」。近年は、ジミーの特徴である嗅覚を利用し、臭い物(動物、使用済みのリコーダーなど)を無理矢理嗅がされてえづく事が多い。特に浜田と遠藤は笑いのツボに入ってしまい、VTRが停止されケツバットを受ける、スタッフ側も「尺に時間がかかる」と不満をもたらしている。そのため、『大脱獄』『名探偵』では大晦日放送分でVTRはカットされ未公開で放送された。『科学博士』では久々に大晦日放送分で放送された。
蝶野正洋
オールキャストで挑んだ『病院』からビンタ執行役として出演。主に方正(田中が2回、浜田、松本が1回だけ標的になったことがあるが田中が1回本当にビンタされたのを除きギリギリ回避している)をビンタの標的にするが、その際に方正がビンタされたくない一心で必ず悪あがきをして残りのメンバーを笑わせるため、結果的に全員が苦しむことになる。また最近では蝶野がアドリブなどを入れることも多く、事実蝶野が入れたアドリブで方正以外の四人が笑ってしまう事もある(蝶野は「方正を叩け」しかオファーをうけていないため)。スタッフ側もジミー大西同様「方正がビンタを喰らわないといけないのでメンバー(方正以外)が笑う度にストップするので尺に問題がある」と不満をもたらしている[36]。『名探偵』の記者会見で田中は『蝶野さんはある意味レギュラーなんや』とコメントした。
なお、蝶野は方正に対して「お前がやったのか?正直に言ってみろ!」と方正が有罪か否かを問うこともあるが、実際にはどちらであっても必ずビンタをしているため、前記の質問は全くと言ってよいほど意味を成していない[37]。『アメリカンポリス』では遠藤の引き出しネタとして出てきたFRIDAYのインタビューで『今年はビンタは行わない』と公言していたが[38]、本人曰く『あれはリップサービス』だそうで、結局方正にビンタの刑が執行されている。
水木一郎
『警察』から『新聞社』、『熱血教師』に出演。ひたすら「ゼェェェェット!!」と叫び続ける刺客として登場。『ホテルマン』以降は出演がなかったが、『熱血教師』で久しぶりに登場し、『地球防衛軍』にも写真として登場した。
劇団ひとり
『高校』から『ホテルマン』[39]、『地球防衛軍』以降に出演(『病院』『名探偵』は出演なし)。教師や上官、相方(役の刺客)や共演者等からビンタされたり、自動車の後ろに縛り付けられ引きずり回されたり、リンチを受けるなど、理不尽な暴力を受ける。
『新聞社』や『ホテルマン』ではバスの中で芸人に扮して登場。『地球防衛軍』では普通に登場したかと思えば、突然自分の中学時代の卒業アルバムを取り出し、自らの手でビリビリに破り始めた。『大脱獄』では喉が渇いた囚人役で、『科学博士』では高校生役で、『アメリカンポリス』では香港スターのチャン・リン・シャン役で出演。
梅宮辰夫梅宮クラウディア夫妻
夫である辰夫は『警察』から(『新聞社』『科学博士』は出演なし)、妻のクラウディアは『病院』から出演。『病院』ではクラウディアが救急患者で夫の辰夫が付き添い役で、『ホテルマン』『空港』では2人ともミュージカルスター役として登場するが、クラウディアはほとんど台詞を覚えられず大抵は録音した音声を使ってごまかすことが多い。『ホテルマン』以降、クラウディアはミュージカルスター役だが、辰夫は『スパイ』ではものまねタレント、『空港』ではミュージシャン役で登場し、さらに『空港』では娘の梅宮アンナがミュージカルスター役で登場した。『新聞社』はクラウディアのみ、『熱血教師』以降は辰夫のみ登場。『アメリカンポリス』では秋山竜次(ロバート)のよだれかけの写真に登場した。
東幹久
『警察』以降出演(『ホテルマン』『空港』『地球防衛軍』『アメリカンポリス』は出演なし)。『警察』では検問に何度も引っかかり、『病院』では度々病棟内に出没する入院患者役。『新聞社』ではタイ人の新聞記者、『スパイ』では高校生のカップル、『熱血教師』では町医者役、『大脱獄』では江口直人どぶろっく)役で登場。笑いの刺客でありながらタイキックを受けたこともある。『名探偵』ではダウンタウンDXのゲスト役として出演。『科学博士』ではレクリエーション大会のメンバーの1人として登場した。
ゆうたろう
『湯河原』から『大脱獄』に出演(『空港』は出演なし)。深夜の「驚いてはいけない舞台」で大きなブランデーグラスを持って登場。『高校』『警察』ではボスとして登場。
マツコ・デラックス
『新聞社』から『大脱獄』に出演。冒頭のバスの中で『新聞社』ではOL、『ホテルマン』では特殊部隊、『スパイ』では山田太郎(ドカベン)などのキャラクターで登場して遠藤に迫る一方、田中や方正には無視したり睨みつけるなど理不尽な態度を取ることが多い。
『空港』から『地球防衛軍』ではバスでの出演ではないが、基本的には番組前半での登場で[40]、『空港』ではCA、『熱血教師』ではボンタン狩りの生徒、『地球防衛軍』では女子高生、寺内貫太郎小林亜星)、エマニエル・ルイスで登場した。おばちゃん1号と並ぶディープキス要員でもあった。
雨上がり決死隊宮迫博之蛍原徹
『病院』以降出演(『スパイ』は出演なし)。芸能人報告会議の進行役を担当。『アメリカンポリス』の報告会では、ダウンタウンの同期スターのハイヒールも登場。『熱血教師』では、ライバル高校の対抗イベントの司会も務めた。宮迫のみ、レクリエーション大会にも出演。
ライセンス
『病院』以降出演(『新聞社』は出演なし)。番組準レギュラーでもあり、『空港』以降は芸能人報告会議の常連出演者となっていて、後輩などとのパイプを利用して、5人の珍エピソードを披露している。
勝俣州和
『ホテルマン』以降出演(『スパイ』は出演なし)。こちらも芸能人報告会議の常連出演者であり、方正(主に、勝俣曰く「方正が力を入れているという、『ドライブ A GO!GO!』(テレビ東京[41]」のロケ)に関する珍エピソードを得意としている。
おばちゃん1号(浅見千代子
『温泉旅館』以降出演(『新聞社』『アメリカンポリス』は出演なし)。婦人警官、レディ、宿泊客などで度々登場する。ディープキス要員でもあり、流れや罰と関係なくメンバーにディープキスをしまくっている。『科学博士』ではVTRの『笑点』の観覧客として登場。
楳図かずお
『病院』から『大脱獄』に出演(『地球防衛軍』は出演なし)。トレードマークの紅白のシャツを身に纏い、さまざまな役柄で登場する。
温水洋一
『湯河原』から『スパイ』、『地球防衛軍』に出演。『警察』の死体役、『病院』の水道工役で全身に冷水を浴びるなど、ひどい目に遭うケースが多い。
梅沢富美男
『空港』から『大脱獄』に出演(『熱血教師』は出演なし)。ドッキリやいたずらなどで、上記の温水とは違う意味でひどい目に遭うケースが多い。
江頭2:50
『病院』以降出演(『スパイ』は出演なし)。『病院』ではラジオ体操指導員、『新聞社』では鏡割りの名人、『ホテルマン』ではダンサー、『空港』では保安員、『大脱獄』では主任看守としてメンバーを笑わせるなど活躍した。また、『熱血教師』では遠藤に罰を与える役で、『地球防衛軍』以降は「捕まってはいけない」の黒鬼として登場。『地球防衛軍』では田中に罰を与え、『名探偵』では浜田と柳楽を捕まえ鼻を舐めまわし(方正曰く「悪魔だ」)、『科学博士』では浜田と自分の身体に自転車のチューブを巻きつけて破裂させる罰ゲームを行った。『アメリカンポリス』では牢屋の中から登場し松本に罰を執行した。
黒沢かずこ森三中
『病院』から『大脱獄』に出演。『新聞社』以降のパフォーマンスは全身フリフリダンスで、「ストリートダンスの女神」などと称される。
佐藤蛾次郎
『新聞社』から『大脱獄』に出演(『空港』『熱血教師』は出演なし)。『新聞社』では、ダース・ベイダー、『スパイ』では、ドカベンの殿馬で出演し、『ホテルマン』及び『地球防衛軍』以降は顔写真(『ホテルマン』では若い頃)のみ登場したが、2015年の『名探偵』では、久々に本人が登場した。
前田美波里
『新聞社』から『熱血教師』に出演(『空港』は出演なし)。『ホテルマン』では宝塚歌劇団風の受付嬢、『スパイ』では吉本新喜劇風の劇団座長、『熱血教師』では出前役など、下記の六平と同様にあらゆる役をこなす。
イジリー岡田
『温泉旅館』から『湯河原』、『熱血教師』以降出演(『地球防衛軍』『科学博士』は出演なし)。『温泉旅館』シリーズでは宿泊客。『熱血教師』『大脱獄』では「驚いてはいけない」に出演。『名探偵』では「捕まってはいけない」コーナーの執行役として出演。
岡田圭右ますだおかだ
『スパイ』以降出演。アメリカナイズされたど派手な服装の「ハッピーボーイ」というキャラクターでスベり芸を見せる[42]。主に、険悪ないしシリアスな空気になった場合に登場して、空気を変える役目をしている(『スパイ』ではこれが仇になり殉職している)。『地球防衛軍』では「ハッピーガール」に扮した高橋真麻と共に、新人合同訓練の司会を務めている。『名探偵』ではレクリエーション大会のメンバーの1人として参加したのみで、「ハッピーボーイ」としては登場しなかった。『科学博士』で2年ぶりに「ハッピーボーイ」として出演。『アメリカンポリス』では滝藤賢一とともに「Wハッピーボーイ」として出演。
上島竜兵ダチョウ倶楽部)・出川哲朗
上島は『ホテルマン』以降、出川は『空港』以降出演。どちらも体を張った芸人団体の親方で、双方ともメンバーは全員褌一丁(『大脱獄』のみ最初は囚人服を着ていた)。『空港』からは上島をリーダーとする団体と、出川をリーダーとする団体の体を張った対決形式になっている(その組織内部での労使交渉や派閥争いという設定)。
上島側は上島をはじめ全員が豆しぼりでほっかむりをしている。ケンドーコバヤシは『スパイ』から上島側団体のNo.2として参加しており、親方である上島を「伝説の上島先輩」と呼んでいる。なお、ケンドーコバヤシは『新聞社』より毎回参加しており、前述の芸能人報告会議で登場していた他、「アメリカンポリス」では様々な容疑者を取り調べる一流の刑事役で登場した。
出川側では、星田英利(『地球防衛軍』までは「ほっしゃん。」)が団体のNo.2として参加している。なお、ほっしゃん。は『高校』『警察』にも出演しており、このときは得意のうどんを鼻から吸い込む芸を披露していた。
伊藤一朗Every Little Thing
『ホテルマン』以降出演(『科学博士』は出演なし)。「笑ってはいけないシリーズ」の他にも、「芸能界お腹痛い王グランプリ」「なりきりたけし王グランプリ」などに出演。いつも声が小さいため、メンバーにそのことを指摘される。最近では、バス内でのトップバッターとして出ることが多い。なお、『名探偵』ではチャールズ・チャップリンに扮した(年明けの完全版未公開スペシャルにて放送)ほか、エンディングソングをEvery Little Thingが担当したことから本職で出演した。
叶姉妹
『ホテルマン』以降出演(『スパイ』『大脱獄』は出演なし)。ベタな演技などで5人を笑わせる。『地球防衛軍』『名探偵』『科学博士』『アメリカンポリス』では「驚いてはいけない」コーナーに出演。
千原ジュニア千原兄弟
『病院』以降出演(『スパイ』は出演なし)。芸能人報告会議で有名人のプライベートを暴露しており、特に『熱血教師』では遠藤に関する実話を遠藤の身内(両親、実弟、前妻)の前で暴露し、それに抵抗する遠藤との徹底抗戦に他のメンバーが苦しむことになる。『地球防衛軍』以降は芸能人報告会議には登場せず、『大脱獄』以降はレクリエーションのMCとして出演。[43]『ホテルマン』から『空港』では相方にして実兄の千原せいじが出演したが、このうち『スパイ』ではメンバーの同僚スパイ役で出演。『せいじタイム』と称して自身はケツしばきの対象外だったが、「こん中で一番ケツ赤い人(は誰)?」と言い出してメンバーの尻がどれだけ赤くなっているかしつこく見ようとしたため、「せいじ ガサツやから OUT」とアナウンスされてケツしばきを執行される羽目になった。
竹内力
『ホテルマン』から『名探偵』に出演。熱血教師』以降ではドスを利かせた演技で、遠藤らにお仕置きを宣告する。『名探偵』では、神田銀次郎役として出演。
レイザーラモンRG
『スパイ』以降出演。『スパイ』ではアバター、『空港』では京本政樹、『熱血教師』では前田亘輝、『地球防衛軍』では山崎まさよし、『大脱獄』では西川貴教、『名探偵』ではYOSHIKI、『科学博士』では吉田美和で出演している。なお、相方のHGは『高校』(体育教師(ハードゲイ先生))・『大脱獄』(『驚いてはいけない』コーナー)に出演した。『アメリカンポリス』ではVTRで出演した。
ローラ
『空港』以降出演(『アメリカンポリス』は出演なし)。バラエティ番組で見せるタメ口などで5人の笑いを誘う。新おにいが出演しなくなった『名探偵』以降は似てないものまねのポジションを引き継いでおり、『名探偵』では古畑任三郎、『科学博士』ではビートたけしを演じていた。『大脱獄』では下記の若林と共に売れないお笑いコンビ「バウムクーヘン」として出演、若林がブラックジャック、ローラがピノコを演じた。
天龍源一郎長州力
天龍は『熱血教師』『地球防衛軍』『大脱獄』、長州は『熱血教師』『地球防衛軍』『アメリカンポリス』に出演。2人は滑舌が悪く(特に天龍)普通の文章を読んだり普通の演技をしているのに何を言っているのか分からない。天龍に至っては全く分からない。長州は『アメリカンポリス』でポルターガイストとして久々に出演した。
海原はるか海原はるか・かなた
『警察』、『ホテルマン』、『熱血教師』、『地球防衛軍』に出演。『警察』ではエリート刑事、『ホテルマン』では結婚式の客、『熱血教師』ではアイドル研究会の主将「はるかちゃん」、『地球防衛軍』ではダンスサークルの部長など、ありとあらゆる役柄で出演していた。
六平直政
『警察』から『病院』、『熱血教師』、『地球防衛軍』に出演。『警察』では機動隊隊長、『病院』では整形した女子高生、『熱血教師』では大名行列を横切った娘の父、『地球防衛軍』では合気道サークルの師範代など、前田美波里と同様に俳優にも関わらず異色な役柄で出演していた。
日村勇紀バナナマン)・土屋アンナ
日村は『病院』から『名探偵』に出演(『スパイ』は出演なし)、土屋は『地球防衛軍』と『大脱獄』に出演。
『地球防衛軍』と『大脱獄』では、日村と土屋で売れないお笑いコンビ「Wチーズケーキ」として出演。日村はジョーカー、土屋はキャットウーマンを演じた。また日村は『名探偵』では『ど根性ガエル』のゴリライモ役で出演したほか、『ホテルマン』では相方の設楽統と共に上島率いる「豆しぼりの会」の一員としてリアクション芸を行った。近年は裏番組の『紅白歌合戦』の副音声「紅白ウラトーク」に出演しているため、当番組には出演していない。
博多大吉博多華丸・大吉
『熱血教師』以降出演。『地球防衛軍』以降はバスの中での出演が多い。『熱血教師』では教頭先生、『地球防衛軍』ではゆるキャラ軍団のマネージャー、『大脱獄』では旅番組のプロデューサー、『名探偵』では中継記者など、割とキャラに似合った役で出演する。『科学博士』ではレクリエーション大会のメンバーの1人として出演、『アメリカンポリス』では資産家一家殺害事件の捜査をする警察署幹部役で出たほか、相方の博多華丸もレクリエーション大会のメンバーの1人として出演した。
川島邦裕(現・くっきー)(野生爆弾)・福島善成ガリットチュウ
川島は『スパイ』以降、福島は『地球防衛軍』以降に出演。
「驚いては〜」ではシャ乱Qの顔真似で登場。『名探偵』ではTERUGLAY)と嫁の亜美ちゃんとして、『科学博士』ではSuperflyとその弟子として登場。『アメリカンポリス』では「驚いては〜」の仕掛け全般と進行役を川島が担当している。
蛭子能収
 『熱血教師』から『科学博士』に出演。『熱血教師』では江戸時代にタイムスリップ後、土左衛門役として登場。
 『地球防衛軍』『大脱獄』ではVTRネタで登場し、それぞれ引き出しネタで出てきたエリート塩大福の原料となる汗をサウナで流すエリート隊員、方正が変態仮面の格好に着替えた際被っていたブリーフパンツ(黄色いシミつき)の持ち主である模範囚人といった、いわゆるヨゴレ役として登場していた。『名探偵』ではバス内で『ど根性ガエル』のヒロシ役で出演、『科学博士』ではレクリエーション大会のメンバーとして出演した。
パンツェッタ・ジローラモ
『スパイ』以降出演(『空港』『地球防衛軍』『大脱獄』は出演なし)。『スパイ』ではイタリア料理店店主、『熱血教師』ではモンスターペアレント、『名探偵』では横山やすし、『科学博士』『アメリカンポリス』ではチンピラの役で出演。片言の日本語や言い間違いでメンバーを笑わせる。
三又又三
『病院』から『大脱獄』に出演(『スパイ』は出演なし)。『病院』では自身の十八番ネタ金八先生の物真似で登場。『新聞社』、『ホテルマン』および『空港』以降芸能人報告会議で自身の持つ素行を宮迫や高橋茂雄等の知人に暴露されたり(一時期浮上していたゲイ疑惑や自身が経営するバー「Bar.MATAZO」関係のネタが多い)、本人も親交のある松本や宮迫のプライベートに関する暴露ネタを話す(主に下ネタが多い)がことごとくスベり、周囲から苦笑されたり木村祐一から強く突っ込まれたり、宮迫にボロクソに貶されたりと顰蹙を買うのが定番化している。『名探偵』以降三又は出演していないが、誰かしらが三又のポジションを引き継いでおり、『名探偵』では西川きよし、『科学博士』では村本大輔(ウーマンラッシュアワー)がその役割になっている。『大脱獄』では刑務所対抗レクリエーションで林下清志(ビッグダディ)と共にもんまりゲームの罰ゲーム執行人として登場、松本の顔にTバックの股間を押しつけていた(松本曰く「普通にウンコの臭いする」)。
高橋茂雄サバンナ
『空港』から『大脱獄』に出演[44]。主に報告会で登場しているが、『熱血教師』では他校の運動音痴の教師、『大脱獄』では刑務官など様々な役柄で出演。
ザ☆健康ボーイズなかやまきんに君八木真澄(サバンナ))
『空港』『科学博士』に出演。ちなみに『熱血教師』では2人揃っての出演はないが、きんに君は歴史の先生、八木真澄は「驚いてはいけない」コーナーに出演している。
若林正恭オードリー
『ホテルマン』、『熱血教師』以降出演。バスでの出演が多い。なお相方の春日俊彰は、『ホテルマン』で上島率いる「豆しぼりの会」の一員としてリアクション芸を行った。
『名探偵』では『ど根性ガエル』の五郎役、『科学博士』では鈴木亮平の相棒として、『アメリカンポリス』では山崎賢人門脇麦の相棒として出演。『大脱獄』では上記のローラと共に売れないお笑いコンビ「バウムクーヘン」として出演、若林がブラックジャック、ローラがピノコを演じた。
デヴィ・スカルノ尾木直樹
5人が笑うことを許されるレクリエーション企画で、お笑いタレント以外での常連出演者であり、デヴィは『大脱獄』、尾木は『地球防衛軍』以降出演(二人とも『科学博士』は出演なし)。なお、デヴィは『ホテルマン』『空港』にも笑いの刺客として出演していた。
西岡徳馬
『大脱獄』以降出演。『大脱獄』ではテツandトモとコラボしたり、『名探偵』では探偵ポワロに扮して茶番に参加するも途中一人だけ意味不明な動きをしたり、『科学博士』ではすっちーの相手役を演じて乳首ドリル、『アメリカンポリス』ではGO!皆川と共にGO!西岡として登場と、強面な風貌に似合わぬコミカルな演技でメンバーを笑わせる。
秋山竜次ロバート
『ホテルマン』『地球防衛軍』以降出演。ものまねでは顔写真で隠すネタで有名。『アメリカンポリス』では赤ちゃん役として奥菜恵と共演。
小峠英二バイきんぐ
『大脱獄』以降出演。『名探偵』以外はバスネタで出演した。『科学博士』では緊張していたのか台詞が全然言えていなかった。『名探偵』では『捕まってはいけない』パートで「生ビール」鬼として登場し、柳楽優弥の顔面にビールサーバーの泡(シェービングクリーム)を吹きかけた。
M1号
『地球防衛軍』『名探偵』『科学博士』に出演。『地球防衛軍』では引き出しからM1号パネルとフィギュアが登場。『名探偵』では浜田担当マネージャー長江と浜田入りとして出演。『科学博士』では浜田ばみゅばみゅで出演した。
木下隆行TKO
『新聞社』以降出演(『大脱獄』は出演なし)。『新聞社』『地球防衛軍』は驚いてはいけない に出演し、新聞社はせんとくん、『地球防衛軍』は2013年のキングオブコントで披露した人形のキャラクター、『ホテルマン』ではユーモアミシュランの「ワシせんとホテル」のホテルマン、『スパイ』では「MSB(豆しぼり)」のメンバー、『空港』『熱血教師』はライバル企業(学校)対抗イベント、『名探偵』は警視庁一課の白田吾郎[45]、『科学博士』以降は『捕まってはいけない』パートで「出目金」鬼として出演し、牢屋に監禁されている松本に罰を執行した。相方の木本武宏も『スパイ』で「GTA所属スパイ劇団」の一員として登場している。
[4]前ページ
(6.笑いの罠)
[6]次ページ
(6.2.誰一人笑わせることができなかった人)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/11 08:30
ソ人気記事ランキング
2018/10/15 更新
 1位日本
 2位AV女優一覧 あ行
 3位斉木楠雄のΨ難
 4位三浦和義
 5位今日から俺は!!
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant