松方正義
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.4.総理大臣および大蔵大臣として
明治18年(1885年)に内閣制度が確立されると、第1次伊藤内閣において初代大蔵大臣に就任。1888年4月には黒田内閣大蔵大臣、次いで12月に内務大臣を兼任[9]

明治24年(1891年)に第1次山縣内閣が倒れると大命降下を受けて総理大臣(兼大蔵大臣)に就任した。しかし閣内の不一致や不安定な議会運営が続き、明治25年(1892年8月8日に辞任に追い込まれた。同日付けで特に前官の礼遇を賜い麝香間祗候となる[10]。その後第2次伊藤内閣を挟んで明治29年(1896年)に再び松方に組閣(総理大臣兼大蔵大臣)の大命が下るが、明治30年(1897年)に懸案であった金本位制への復帰こそ成し遂げたものの、大隈重信率いる進歩党との連繋がうまくいかず、同じく1年数か月で辞任を余儀なくされた。このとき松方は衆議院を解散した直後に内閣総辞職している。

[4]前ページ
(1.3.明治維新後)
[6]次ページ
(1.5.晩年)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/19 17:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/22 更新
 1位日本
 2位山口組
 3位徳勝仁
 4位矢島健一
 5位10月21日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant