松平信康
浮気|内職|霊感
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
3.信康自刃事件について
3.3.通説への疑問
徳姫との不仲は松平家忠の『家忠日記』によると事実のようだ[7]が、不仲や不行状というだけで信長が婿の信康を殺そうとするのか疑問がある[8]
また、この時期の信長は相撲や蹴鞠見物に興じていてそのような緊張関係を同盟者である家康に強いていた様子は窺えないし、事件の発端となったとされる徳姫に対して徳川政権成立後に家康が二千石の領地を与えている理由も説明できない(実際に所領を給与したのは徳姫の義弟にあたる松平忠吉)。さらに築山殿がいかに家康の正室といえども武田氏と裏で外交ができるような力があったかも疑問である。しかも信長は信康の処断についてのみ触れ、築山殿については何も言っていない。それにも関わらず家康は築山殿を連座させており、いずれも不可解である[9]
三河物語』では、信康を庇わなかった酒井忠次は「知らないと言えばいいのに」と家康に嘆かれ、他の家臣達に憎まれたとされているが、その後も徳川家の重臣の地位に留まり、3年後の信濃制圧の際には新領の最高責任者になっている[10]
また、家忠が日記に記した「家康が仲裁するほどの喧嘩相手」の部分は原著では「御○○○の中なおしニ」と破損しており、信康が仲違いしたのは「御新造」(徳姫)ではなく「御家門」(松平康忠久松俊勝松平康元)であるとの説も提示されている。また「御母様(=築山殿)」の可能性もあるし、「御前様」つまり家康の生母・於大の方の可能性もある。於大に関しては天正3年(1575年)12月に信長の命令を奉じた家康の意を受けた石川数正によって実兄の水野信元が殺害されており、数正は信康の後見人であるため、信康との仲が険悪になっていた可能性がある。ちなみに数正は後年に徳川家から出奔している(橋場日月の説)[11]
なお、家康が築き上げた信康の墓は質素なもので、改葬すらされていないとする説がある[9]が、家康は後に信康のため、浜松に清瀧寺を建立し信康の菩提寺に指定し、廟、位牌殿、庫裡、方丈、不動堂、山門、鐘楼などを建設しており、「信康山長安院清瀧寺」と号させている。また各所に墓所を建立してるので、これは誤りである(#墓所・祭祀も参照)。
てんびん座|血液型占い|さそり座
フレッツ光|愛内里菜|賃貸
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(3.2.信康と築山殿の不行状と疑問)
[6]次ページ
(3.4.父子不仲説)

7. 盛本昌広 1999, p. 27-28.
8. 谷口克広 2007, p. 205-206.
9. 典厩五郎 1998
10. 谷口克広 2007, p. 206-207.
11. 歴史群像 2007, p. 176.

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/11/19 22:00
看護助手|ほくろ除去|縁結び
四柱推命|脱毛|手相
ソ人気記事ランキング
2017/11/19 更新
 1位鶴ひろみ
 2位大動脈解離
 3位新潟県神林村男子中学生自殺事件
 4位松平信康
 5位奈良小1女児殺害事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant