松平信康
にきび跡|さそり座|相性診断
楽天ポイント最大10倍!
ポイント10倍の注目商品をチェック♪
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
2.生涯
永禄2年(1559年)3月6日、松平元康(後の徳川家康)の長男(嫡男)として駿府で生まれる。今川氏の人質として幼少期を駿府で過ごしたが、桶狭間の戦いの後に徳川軍の捕虜となった鵜殿氏長氏次との人質交換により岡崎城に移る。
永禄5年(1562年)、家康と織田信長による清洲同盟が成立する。永禄10年(1567年)5月、信長の娘である徳姫と結婚し、共に9歳の形式の夫婦とはいえ岡崎城で暮らす。同年6月に家康は浜松城(浜松市中区)に移り、岡崎城を譲られた。7月に元服して信長より偏諱の「」の字を、父・家康から「康」の字をそれぞれ与えられて信康と名乗る。元亀元年(1570年)に正式に岡崎城主となる[3]
信康は若い頃から勇猛果敢で、天正元年(1573年)に初陣する[3]
天正3年(1575年)5月の長篠の戦いでは徳川軍の一手の大将として参加し[4]、その後も武田氏との戦いでいくつもの軍功を挙げ、闘いぶりが注目された。特に天正5年(1577年)8月の遠江横須賀の戦いで退却時の殿軍を務め、武田軍に大井川を越させなかったと伝わる。岡崎衆を率いて家康をよく補佐したという。
天正7年(1579年)8月3日、家康が岡崎城を訪れ、翌日信康は岡崎城を出ることになり、大浜城に移された。その後、信康は遠江の堀江城、さらに二俣城に移されたうえ、9月15日に家康の命により切腹させられた。享年21(満20歳没)。信康の首は一度信長の元に送られ、その後、若宮八幡宮に葬られた。なお、ほぼ同時期に松平家忠をはじめとした徳川家臣たちが「信康に内通しない」という起請文を書かされている。
てんびん座|がん保険|ふたご座
六星占術|血液型占い|運命の赤い糸
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(1.名乗り)
[6]次ページ
(3.1.事件の通説)

3. 歴史群像 2007, p. 172
4. 歴史群像 2007, p. 173.

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/11/19 22:00
おうし座|運命の人|無料相性占い
星座占い|浮気|モテ期
ソ人気記事ランキング
2017/11/19 更新
 1位鶴ひろみ
 2位大動脈解離
 3位新潟県神林村男子中学生自殺事件
 4位松平信康
 5位奈良小1女児殺害事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant