松平信康
しし座|六星占術|婚活
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
4.生存説
村岡素一郎は「史疑徳川家康事蹟」において、葬られた信康の遺体は替え玉で、本人は同情した家臣達に助けられ、浜松山中の村に逃れたという生存説を提唱した。それは次の通りである。
寛永10年(1633年)頃、西国大名に仕える飛脚が江戸に向かう道中掛川の辺りを通った際、年齢70代半ば頃と思われる非常に貫禄のある老人がどこからともなく現れて、飛脚にこんな事を問うたという。「今は誰の時世かな?」と。飛脚が内心そんなことも知らないのかと毒づきながら「3代将軍家光公の時世だよ」と答えると、その老人は頷き、次に「土井甚三郎は元気でいるか?」と問うてきたという。しかし飛脚はそれが誰のことを言っているのか分からず、どうも頭のおかしい老人らしいと考え、無視して行ってしまった。しかし江戸でその話が伝わると、土井甚三郎は現在の老中土井利勝の幼名だということが判明する。そして「土井利勝をそんな名で呼ぶ人物は只者ではないぞ。徳川家の何らかの関係者ではないのか?」という話となった。一時期それは、岡崎三奉行の一人で後に改易させられた天野康景ではないのかとも噂された。
以上のような話が一書にあると村岡はいい、仮に天野だとすると生きていれば100歳過ぎになるため、どうも有りそうにないと考え、そこで他に該当するような人物を考えた末、もしかするとその老人は信康の老体ではないのかと推定した。当時信康が生きていれば70代半ば頃になる。また、その老人の現れた周辺の村の村長の家には、とても常人が持つものとは思われない立派な鎧兜や鏡が安置され、村の住民は皆藤原姓を名乗っていることが「東海道名所図会」という資料に載っている。藤原姓はかつて家康も名乗ったこともある名字のため、もしかすると信康は追及を逃れ、浜松の村に隠れ住んで余生を送ったのではないか、というのである。

しかしこれらの記述が事実かどうかは疑わしく、仮に事実としても、その老人が信康だとするのはかなり飛躍した仮定でもあるため、真偽は不明である。
がん保険|スピリチュアル|フレッツ光
ほくろ除去|愛内里菜|セルライト
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(3.6.その他・家臣団との対立)
[6]次ページ
(5.人物・逸話)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/11/19 22:00
にきび跡|脱毛|相性診断
金融|無料ゲーム|運命の人
ソ人気記事ランキング
2017/11/19 更新
 1位鶴ひろみ
 2位大動脈解離
 3位新潟県神林村男子中学生自殺事件
 4位松平信康
 5位奈良小1女児殺害事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant