サービス終了のお知らせ
松阪市
▼人気記事ランキング
11.松阪市を舞台とする作品
梶井基次郎城のある町にて
開高健『新しい天体』 - 「相対的景気調査官」なる役職に就いた主人公が、北海道から鹿児島県まで日本全国を巡り、予算消化のためにただひたすら食べまくるというストーリーである[19][20]。この中に和田金が登場し、主人公は和田金を絶賛するが、松阪市については「いくらか静かな、凡庸で、とりとめのない市」、「この市には顔がない」と評している[21]
[4]前ページ
(10.6.その他)
[6]次ページ
(12.その他)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/02 22:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant