松岡きっこ
▼人気記事ランキング
1.来歴・人物
兵庫県に生まれ[4]、その後東京に移り[4]、東京と神奈川県川崎市で育った[4]。幼少の頃より劇団若草に在籍、子役として活躍。1958年東映児童演技研修所に入所[4]1963年和光学園高等部一年在学中に東映大作『武士道残酷物語』のさと役を探していた今井正監督に見出され初めて大役をつかんだ[4]。さとの許婚、野田数馬役の山本圭も初の大役[4]。その後『吸血髑髏船』やクレージーキャッツの映画などに出演。男性誌のグラビアでは水着で巨乳を披露し、在日米陸軍である星条旗新聞社発行の新聞に美貌の日本人女性として写真入りで紹介されたことがある。レギュラー出演した『アイフル大作戦』と続編の『バーディー大作戦』では、それまでエキゾチックな美女を演じることが多かったのとは対照的にコミカルな演技を見せている。女優業の合間に『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』、『11PM』、『スター家族スタジオ』や司会者として『シャボン玉こんにちは』などのバラエティ番組にも出演してきた。

1981年に、ドラマで共演していた谷隼人と結婚。以後、女優業を休業するが、バラエティー・旅番組に「おしどり夫婦」として出演。全日本女子プロレス中継の解説では「女子プロレスの母」とも呼ばれていた。1981年秋頃、『独占!!スポーツ情報』内の芸能人模擬ドラフト会議企画に広島東洋カープのファン[5]として出演し、後に同球団へ入団する津田恒実を抽選で引き当てたことがある。

特技は日本舞踊[1][2]ゴルフ[2]

[6]次ページ
(2.1.映画)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/28 13:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/18 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位凪沢怜奈
 5位池田大作
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant