小さな政府
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
小さな政府(ちいさなせいふ、: Limited government)とは、民間で過不足なく供給可能な財・サービスにおいて政府の関与を無くすことで、政府・行政など公組織・国営企業の規模・権限・介入を可能な限り小さくしようとする思想または政策である。軍隊・司法などのみ民間で賄えないものとして、経済に対する国家の介入は自由競争を制限して市場の働きを損ねるものだと考えるため、最小国家ともいう。基本的に、より課税を低くする代わりに少ない歳出・経済への介入を志向する[1]
目次
1.概要
2.歴史
3.議論
├3.1.肯定論
└3.2.批判
4.脚注
├4.1.注釈
└4.2.出典
5.参考文献
6.文献情報
7.関連項目
出典:Wikipedia
2018/10/28 12:01
ソ人気記事ランキング
2019/04/25 更新
 1位日本
 2位上級国民
 3位岡村孝子
 4位北村優子
 5位正木裕美
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant