サービス終了のお知らせ
▼人気記事ランキング
1.文字の成り立ちと意味の変化
妾という漢字は会意文字であり、本来「女」の上部は「立」ではなく、「辛」であった
[1][2]。辛は刑罰のための入れ墨を彫るのことで、それが、罪人奴隷への生贄など、体に入れ墨を入れられた女や、罪によって下婢となった女を指すようになった。読みは「ショウ」である。

そして時代が下り、身の回りの世話をする「召使い」の女性の意味へと変化し、「めかけ」の当て字となった。

[6]次ページ
(2.日本)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/30 09:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant